アバルト 124スパイダーの収納機能は利便性が抜群!

アバルト 124スパイダー

マツダ ロードスターのアーキテクチャーをベースとしたオープンスポーツカーである、アバルト 124スパイダー(CBA-NF2EK/ABA-NF2EK型)。

スポーツカーは十分な収納機能が備わっていないというイメージを持たれがちですが、124スパイダーの収納機能はどうなっているのでしょうか。

そこで今回は、124スパイダーのエリア別の収納機能を詳しく紹介していきます。

Chapter
アバルト 124スパイダーはどんなクルマ?
アバルト 124スパイダーのシート周りの収納機能をチェック!
アバルト 124スパイダーの荷室の収納機能は如何に?
アバルト 124スパイダーのインパネ周りは使い勝手が抜群!
アバルト 124スパイダーのインテリアの特徴は?

アバルト 124スパイダーはどんなクルマ?

収納機能を詳しく見ていく前に、まずは124スパイダーがどのようなクルマか見ていきましょう。

124スパイダーは、世界で最も多く生産されたライトウェイスポーツカーとして、2000年5月にギネスブックに認定されたマツダ ロードスターをベースとして設計されたクルマです。

すでに生産を終了しているものの、エクステリア(外装)、インテリア(内装)、サスペンションパワートレインなどにアバルトならではのこだわりが見受けられ、根強い人気を集めているクルマといえます。

2ドアの2シーターである124スパイダーは、あらゆる路面で最大限のトルクを路面へと伝えるFR(後輪駆動)を採用。
ボディーサイズは、全長4,060mm×全幅1,740mm×全高1,240mmとなっています。

また、ダイレクト感を楽しめるショートストロークの6速マニュアルトランスミッションと、パドルシフトでエンジンの魅力を堪能できる6速オートマトランスミッションを設定しました。

車両重量はMT(マニュアル車)で1,130kg、AT(オートマ車)で1,150kgで、軽量かつコンパクトな車体も魅力のひとつといえるでしょう。さらに124スパイダーでは、前後50:50の最適な重量配分で優れた操縦性を実現しています。

エンジンにはコンパクトかつ軽量でありながらパワフルな1.4L マルチエア4気筒ターボエンジンを搭載しており、自然吸気の1.5L SKYACTIV-Gを搭載したロードスターよりも、パワーやトルク、加速に優れているのです。

最高出力は125kW(170PS)/5,500rpm、最高トルクは250Nm(25.5kgm)/2,500rpmで、0-100km/hを6.8秒で加速。燃費はJC08モードでマニュアル車では13.8km/L 、オートマ車では12.0km/L を実現しました。

ボディーカラーは、レッド、ホワイト、メタリックブルー、パールホワイトの4色をラインアップしています。

アバルト 124スパイダーのシート周りの収納機能をチェック!

124スパイダーのシート周りには、車内空間を有効に活用した収納機能が施されています。

まずセンターコンソールボックスは、コンパクトながら小物などを収納するのに役立つ収納スペースです。
それに加え、オプションにはなりますが、コンソールボックスの整理に便利な「コンソールシェルフネット」が設定されています。

着脱可能なこのネットを使用することで、コンソールボックスからの物の出し入れがしやすくなるでしょう。

アバルトのシンボルであるサソリのマークが入った「コンソールリッド アルカンターラ」もオプション設定しており、アバルトらしさを醸し出してくれます。

また、「キー付きリアストレージボックス」に加え、運転席と助手席の両方に「リアストレージボックス」を装備しており、これらのストレージボックスにも小物などを収納可能。

着脱式カップホルダーが2個用意されているので、シーンに合わせて使用できるのも嬉しいポイントです。

さらに、オプションではありますが「カップホルダーリングブライトシルバー」を追加することで、標準装備のカップホルダーリングをブライトシルバーへと変更でき、インテリアの質感を高めてることもできます。

ダッシュボードには書類や小物を収納できるうえ、オプションで用意されている「ロアダッシュボード アルカンターラ」を追加すれば、インテリア全体をアップグレードしてくれるでしょう。

このように、機能性だけでなくデザインにもこだわっている点が124スパイダーの収納の特徴なのです。

アバルト 124スパイダーの荷室の収納機能は如何に?

続いて、124スパイダーの荷室(ラゲッジルーム)の収納機能を見ていきます。

荷室容量は140L と、一般的なクルマと比較すると積載力が劣るように思うかもしれませんが、2シーターのオープンカーとしては十分な荷室容量を備えているといって良いでしょう。

残念ながら拡張機能はないうえ、荷室に関連のあるオプションも設定されていませんが、トランクルームランプがついており、夜間など暗い状況での荷物の積載に配慮されているのです。

アバルト 124スパイダーのインパネ周りは使い勝手が抜群!

スポーツカーでありながらも車内空間を有効活用した収納機能を備えている124スパイダーですが、その他の装備の機能性はどうなっているのでしょうか。

そこで、インパネやインパネ周辺の機能性にも迫っていきましょう。

124スパイダーのインテリアは、ドライバーの運転のしやすさに配慮して設計されており、特にインパネにはクルマを自由自在に操るために必要な機能が搭載されています。

運転席前には、視認性に優れた3眼メーターを搭載しました。

3眼メーターは、中央に配置されたタコメーターのみがレッドになっており、ブラックを基調としたなかにアクセントとしてレッドを入れていることが特徴。

このデザインが、スポーティで刺激的な走りを予感させてくれること間違いありません。加えて、7インチのタッチパネルディスプレイを標準装備している点も注目に値します。

このディスプレイはBluetooth対応でハンズフリー機能もついており、機能性に優れている点が魅力です。オプションの「CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナー」を追加すれば、より快適なドライブを楽しめるでしょう。

124スパイダーがこだわっているのは、インパネの機能性だけではありません。

インパネ周りの機能にもこだわっており、7インチのタッチパネルディスプレイの下には、フルオートエアコンの設定ができる操作性の良いダイアルを装備しているのです。

エアコンダイアルの下には、外部入力端子として2つのUSB端子、AUX端子、ナビゲーション用SDカード専用スロットを装備。

また、「ナビゲーション用SDカード」もしくは「ナビゲーション用SDカード PLUS」をオプションで購入できます。

ナビゲーション用SDカード PLUSでは、地図表示やルート案内が可能となるため、よりスムーズなドライブが実現するでしょう。

それに加えて、ATの場合はステアリングにパドルスイッチも標準装備しており、クルマの安全性をさらに高めてくれているのです。

さらに運転席右側には、ESC(エレクトリックスタビリティコントロール)のOFFスイッチやヘッドライト光軸補正コントローラーが配置されているほか、車内に合計6つのスピーカーを装備しているため、運転中でも高音質の音楽を楽しめます。

アバルト 124スパイダーのインテリアの特徴は?

124スパイダーの収納機能やインパネ周りの機能性に迫ったところで、最後にインテリア全体の特徴を紹介します。

124スパイダーのインテリアは、ドライバーがクルマのあらゆる動きを感じ取れるよう、できる限り後方に低くセッティングされているのが特徴です。

そしてインテリアの中でもで特にこだわり抜かれているのが、高級感のあるインテリアでしょう。

レザーシフトノブを採用していることに加え、メーターフード、アームレスト、シフトブーツ、パーキングブレーキブーツ、インパネではレザーインテリアを設定。

レッドステッチをあしらったレザーステアリングホイールは握り心地が良く、快適なドライブが楽しめるでしょう。

また、レザーとアルカンターラで仕立てられたブラックのシートを標準搭載しており、鮮やかなレッドのステッチやアバルトのロゴでドレスアップしました。

レッドもしくはブラックのオールレザーシートもオプションで選択でき、インテリアにこだわりたい方は必須のオプションといえます。

その他にも、124スパイダーでは高級感のあるインテリアを追求し、アルカンターラを使用した多数のオプションをラインアップしました。

まず、コックピットをより力強く見せる「メーターフード アルカンターラ」を設定。

「シフトブーツ アルカンターラ」や「パーキングブレーキレバーブーツ アルカンターラ」など、シフトやブレーキの操作部分にこだわったオプションも設定しており、アルカンターラの素材感がクルマの質感をより高めてくれるでしょう。

さらに、ここまで紹介したロアダッシュボード、メーターフード、コンソールリッド、シフトブーツ、パーキングレバーブーツがセットになった「アルカンターラ インテリアキット」も設定されているのです。

ここまで、124スパイダーの収納機能や、その他の装備の機能性について紹介しました。

124スパイダーは、コンパクトな車体でありながら車内空間を存分に活用した収納機能を備えています。

標準車の至るところにデザインへのこだわりが見受けられることはもちろん、収納機能の質感をさらに高めてくれるオプション品も124スパイダーでは設定されており、機能性とデザイン性を兼ね備えたクルマといえるでしょう。

残念ながら生産終了しているクルマのため新車を購入することは叶いませんが、気になった方は中古車市場をチェックしてみるのも良いかもしれません。

※ 2021年8月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道