爽快な走りを楽しめるスポーツカー、アバルト 124スパイダーの機能性を高める便利なオプションを一挙紹介!(CBA-NF2EK/ABA-NF2EK型)

アバルト 124スパイダー

2016年に日本で発売されたアバルト 124スパイダー(CBA-NF2EK/ABA-NF2EK型)。

残念ながら2020年に生産を終了しましたが、その力強い走りや細部までこだわったデザインが人気のクルマでした。

今回は、中古車を選ぶ際にチェックしておきたいオプションという観点から、124スパイダーのオプション品を一挙紹介します。

Chapter
アバルト 124スパイダーはどんなクルマなの?
アバルト 124スパイダーのパフォーマンスを高めるオプションを紹介!
アバルト 124スパイダーのエクステリア(外装)のオプションをチェック!
アバルト 124スパイダーのインテリア(内装)のオプションをチェック!

アバルト 124スパイダーはどんなクルマなの?

オプションを詳しく見ていく前に、124スパイダーがどのようなクルマか見ていきましょう。

124スパイダーは、世界でもっとも多く生産されたライトウェイスポーツカーとして、2000年5月にギネスブックに認定されたマツダ ロードスターのアーキテクチャーをベースとしたオープンスポーツカーです。

1970年代にラリーフィールドを席巻した「アバルト 124 スパイダー ラリー」へのオマージュという特徴も持っています。

すでに生産を終了しているものの、エクステリア(外装)、インテリア(内装)、サスペンションパワートレインなどにアバルトならではのこだわりが見受けられ、根強い人気を集めているクルマといえるでしょう。

2ドアの2シーターである124スパイダーは、スポーツカーの定番とも言えるFR(後輪駆動)を採用しました。

また、ボディーサイズは全長4,060mm×全幅1,740mm×全高1,240mmとなっています。

ダイレクト感を楽しめるショートストロークの6速マニュアルトランスミッションと、パドルシフトでエンジンの魅力を堪能できる6速オートマチックトランスミッションを設定しているのも魅力。

車両重量はマニュアル車で1,130kg、オートマ車で1,150kgで、軽量かつコンパクトな車体であるうえ、前後50:50の最適な重量配分として優れた操縦性を実現しています。

エンジンは、コンパクトかつ軽量でありながらパワフルな、1.4L マルチエア4気筒ターボエンジンを搭載。

これにより、自然吸気の1.5L SKYACTIV-Gを搭載したロードスターよりも、パワーやトルク、加速性能に優れているのです。

最高出力は125kW(170PS)/5,500rpm、最高トルクは250Nm(25.5kgm)/2,500rpmで、0-100km/hを6.8秒で加速します。

さらに、燃費はJC08モードでマニュアル車では13.8km/L 、オートマ車では12.0km/L を実現しました。

ボディーカラーは、レッド、ホワイト、メタリックブルー、パールホワイトの4色をラインアップしています。

アバルト 124スパイダーのパフォーマンスを高めるオプションを紹介!

124スパイダーには、スポーツカーとしてのパフォーマンスを高めるオプションが多数設定されています。

まず、アバルトがこだわるエキゾーストサウンドは、オプション設定されているハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」により、魅力的に演出されるでしょう。

レコードモンツァでは、排圧によりバルブが開くことで内側の2本のパイプにも排気ガスが導かれ、スポーティで刺激的なサウンドを奏でると同時に中回転域でのレスポンスが向上。 

また、左右のサスペンションを連結させ、ねじり剛性を高めることで、コーナーでのハンドリングを向上させる「ストラットタワーバー」もオプション設定しました。

標準装備のストラットタワーバーを取り外して装着する必要はありますが、アルミニウム製アバルトロゴプレート付きのこのオプションを取り付ければ、ボンネットを開くたびにカスタマイズする満足感に満たされるでしょう。

ボディー剛性を向上させ、ボディの変形を抑制することで、サスペンションの作動を理想的にする「スチール製パフォーマンスバー」もオプションに設定。

見た目にも効果を感じる左右対称のXレイアウトが、刺激的な走りの欲望を一層駆り立ててくれます。

「スチール製ロアアームバー」はロアアームの付け根に連結させてねじりを抑制し、サスペンションの動きを正確にしてくれるうえ、124スパイダーのハンドリングにカッチリしたフィーリングをもたらしてくれるのが特徴です。

これらのオプションを追加すれば、124スパイダーのハイクオリティな走りをより一層肌で感じられるようになるでしょう。

アバルト 124スパイダーのエクステリア(外装)のオプションをチェック!

124スパイダーの魅力のひとつが、迫力あるフロントに対して、リアのデザインは非常にシンプルかつエレガントな仕上がりとなっているエクステリアです。

ロングノーズ/ショートデッキのスポーツカーらしいプロポーションが特徴ですが、 そんな124スパイダーには、アバルトらしさをさらに追求するオプションも設定されています。

124スパイダーはエクステリアを昼夜問わず表情豊かに演出してくれるリアライトを標準装備していますが、オプションで「LEDヘッドライト」も追加できるのです。

また、ブライトシルバー仕上げの高級感溢れる「フロントピラーバーベゼル シルバー」や、リアビューをより印象づける「シートバックピラー バーベゼル シルバー」を設定。

124スパイダーの特徴であるシルバーとレッドのコントラストを、より引き立ててくれるでしょう。

その他にも、アバルトらしいワンポイントを加える「トーイングフック キャップ」や、フロントエアダム部にワンポイントを加える「エアダムカバー」では、レッドとガンメタリックの2色が設定されています。

アバルトの象徴ともいえるレッドミラーカバーや、ブライトシルバー仕上げの高級感溢れるミラーカバーも用意されており、ドアミラーひとつを取っても自分好みのオプションが選択できる点が魅力なのです。

さらに、ナンバープレートにもこだわりたいという方のために、「ナンバープレート フレーム ブラック」を設定しました。

このオプションはフロントナンバープレート周りをより力強くし、クルマ全体の見た目も引き締めます。

リアナンバープレートを鮮やかに照らし、夜間の見た目をアップグレードしてくれる「LEDナンバープレート ライトバルブ」も設定し、細部にも工夫を施しました。

ルーフオープン時の風の巻き込みを低減してくれる「ウインドスクリーン」は、スポーツカーとしての走りを存分に楽しみたい方必見のオプションです。

アバルト 124スパイダーのインテリア(内装)のオプションをチェック!

124スパイダーは、標準車でもインテリアの高級感にこだわっています。

レザーシフトノブを採用しているほか、メーターフード、アームレスト、シフトブーツ、パーキングブレーキブーツ、インパネではレザーインテリアを設定していることが例として挙げられるでしょう。

レザーと、往年の欧州スポーツカーのインテリアに採用されているイタリア製のアルカンターラで仕立てられたブラックのシートも標準搭載しており、鮮やかなレッドのステッチやアバルトのロゴでドレスアップ。

滑らかな手触りなど、素材としての機能性と美しさを最高レベルにまで高めたアルカンターラが、ハイクオリティなドライビングを予感させてくれるのです。

こうした標準装備に加えて、124スパイダーではクルマの質感をさらに高めるオプションも多数設定されています。

まずオールレザーシートは、レッドもしくはブラックの2種類からオプション選択でき、クルマの質感を高めてくれるでしょう。

また、「ロアダッシュボード アルカンターラ」を設定しており、インテリア全体をアップグレードしてくれます。

コックピットをより力強く見せる「メーターフード アルカンターラ」や、サソリのロゴがアバルトらしさを醸し出す「コンソールリッド アルカンターラ」からも目が離せません。

「シフトブーツ アルカンターラ」や「パーキングブレーキレバーブーツ アルカンターラ」など、シフトやブレーキの操作部分にこだわったオプションも設定しており、アルカンターラの素材感がクルマの質感をより高めてくれます。

ここまで紹介したロアダッシュボード、メーターフード、コンソールリッド、シフトブーツ、パーキングレバーブーツがセットになった「アルカンターラ インテリアキット」も用意されているのも魅力。

さらに「カップホルダーリングブライトシルバー」をオプション追加することで、標準装備のカップホルダーリングをブライトシルバーへと変更でき、インテリアの質感を高めることも可能です。

そのほかにも「エアコンディション ルーバーベゼル」では、アバルトらしさを主張するレッドと、インテリアをよりスポーティに彩るブラックの2色を用意し、運転席と助手席から見えるインテリアにも細部までこだわりを見せています。

今回は、124スパイダーの機能性を高めるオプションを一挙紹介しました。

124スパイダーは、機能性とデザイン性を兼ね備えているオープンスポーツカーであり、多彩にラインアップされた純正オプションを取り入れることで、スポーティな走りと力強い乗り心地をより一層楽しめるようになるクルマなのです。

生産終了しているため、残念ながら新車として購入することは叶いませんが、気になった方は中古車市場をチェックしてみるのも良いかもしれません。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道