スバル 初代BRZの収納機能をチェック!収納機能が最小限なのはなぜなのか?(DBA-ZC6/4BA-ZC6型)

スバル 初代BRZ

スバル 初代BRZ(DBA-ZC6/4BA-ZC6型)は2012年~2020年に製造・販売されていたスポーツカーで、高い走行性能とほかのクルマにはない開発秘話から、走ることが好きな方から高い支持を得ています。

2021年には2代目となるBRZの販売が決定していますが、初代BRZもまだまだ根強い人気を誇っているのです。

しかし購入に際して走行性能のほか使い勝手、とりわけ収納機能を気にする方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、BRZの収納機能についてじっくり紹介していきます。

Chapter
スバル 初代BRZとはどんなクルマなの?
スバル 初代BRZの収納機能は最小限?
スバル 初代BRZに収納機能を求めるならシートアレンジは必須!
スバル 初代BRZの荷室の収納機能は?
スバル 初代BRZをはじめとするスポーツカーになぜ収納機能が少ないのか?

スバル 初代BRZとはどんなクルマなの?

BRZはスバルとしては初めてのFR(後輪駆動)の市販車で、安定した走りができるスポーツカーとして人気のあるクルマです。スバルがFF(前輪駆動)車からFR車を突然作った背景にはBRZ誕生に関わるエピソードがあり、これこそが「共同開発」の裏話につながります。

まず、BRZにはエンジンが同じクルマが存在します。トヨタが製造・販売をしていた初代86がそれにあたり、BRZとは「姉妹車」と呼ばれ、親しまれているのです。しかし、どちらかがOEMというわけではありません。

この2台に搭載されているエンジン「FA20型」は、スバルとトヨタの共同開発によって誕生したのです。

「FA20型」は当時富士重工であったスバルが持っていた水平対向エンジン「FB20型」に、トヨタの燃料噴射制御技術「D-4S」を組み合わせたエンジンです。これにより、水平対向エンジンの特徴である低重心化と、燃料噴射制御技術による燃費・出力の向上に成功しました。

ちなみに、製造過程でピストンのストロークが86mm×86mmになり、トヨタ側の「86」と関係があるのではないかと話題にもなりましたが、この企画になったのは製造責任者によれば「偶然」だそう。

また、同じエンジンを搭載している関係で乗り味に変化がないとも思われがちですが、BRZと86には違いがあります。

安定した走りで実用的な使い方を意識したBRZに対し、ドリフトなどのサーキット走行も楽しめる86と、若干の差があるのです。

それ以外の違いは安全機能や内装にとどまり、エクステリア(外観)の違いは大きくはありません。

クルマに詳しくない方が見れば、同一車種と見まごうほどそっくりなのがBRZと86の特徴でもありますが、新車価格はBRZのほうがリーズナブルです。

どちらを選ぶにしても大事な1台を購入することに変わりはないので、比較検討を重ね、慎重に選ぶと良いでしょう。

スバル 初代BRZの収納機能は最小限?

BRZに関わらず、スポーツカーの収納機能は必要最低限に留められています。

BRZであれば、インパネにあるグローブボックスドアドリンクポケットセンターコンソールボックスの3つ程度しか収納機能が備わっていません。

基本装備しかついていない「R カスタマイズパッケージ」「RA レーシング」以外のグレードには、センターコンソールボックスに取り付けられる2本分のドリンクホルダーが取り付けられますが、それ以外の収納機能はないと考えた方が良いでしょう。

グローブボックスは車検証や自賠責保険証書、その他必要な書類を入れられる程度の大きさなので、ボックスティッシュなどを入れ込む余裕はありません。

センターコンソールも比較的大型ではありますがフタはなく、むき出しの状態になります。CDを数枚入れると、ほかにものを入れるスペースはないのでよく考えて使うのがおすすめといえそうです。

いずれにしても収納機能はそれほど高くはなく、リアシート(後席)にもこれといった機能はないため、荷物を載せること自体には向いていないことを覚えておくと良いかもしれません。

この傾向はBRZだけではなく、スポーツカー全般にあてはまることなので、BRZの収納が最小限である点も仕方ないといえます。

スバル 初代BRZに収納機能を求めるならシートアレンジは必須!

BRZには特筆した収納機能はなく、必要最低限に留まっていることがわかりました。ではBRZに乗っている間は収納機能の活用を諦めなければならないのかと言われれば、一概にそうとも言いきれません

ただしBRZの収納機能をフルに活用するには、基本はシートアレンジを行うことが必須条件になります。

BRZのリアシートは人が乗れないわけではないものの、積極的に乗せられるようなスペースではありません。お子さんが小さかったりすれば話は別ですが、標準的な体格の方が乗っても足元を中心に狭さを感じることでしょう。

フロントシート(前席)も前に出す必要があり、前後ともに窮屈さを感じるのであまりおすすめはできないのです。

そこでおすすめなのが、リアシートをシートアレンジし、収納機能として使用する方法です。

BRZのリアシートはベンチ形状の一体可倒式で、一気に全面を倒すことができる点が大きな特徴といえます。倒し切ることで生まれる床面はフラットで、多少荷物のバランスが悪くてもきちんと載せることができるのです。

シートアレンジをすることで荷室(ラゲッジルーム)とつながるため、一気に広い空間を生み出すことができるのは嬉しいポイントでしょう。

シートアレンジを活用することで、レースタイヤ用4本やゴルフバック2本を載せることができるのですから、驚きです。

ただしシートアレンジをすることで生まれる空間はあくまで大きな荷物を乗せるためのものなので、室内に小物を載せたいという方は、収納用のキャリアを別途購入する必要があります。

スバル 初代BRZの荷室の収納機能は?

フロント周辺にある必要最低限の収納機能とシートアレンジによって生まれる収納スペース以外には、荷室下にあるサブトランクがあります。

荷室の床面を引っ張り上げることで出現するサブトランクには、スペアタイヤや車載工具を収納することができるスペースが存在しているのです。

多少の小物ならここに入れておくことができるので、すぐ使うことがない小物、かつ載せておきたいものを積んでおくには十分といえるでしょう。

スペアタイヤが必要ない場合ならそれを降ろし、完全な小物置きとして使用するのもありです。荷室そのものの大きさは約270L とそれほど大きくはありませんが、使い勝手が悪い大きさではありません。

普段の買い物時や小旅行程度なら、荷室だけでも十分積み込めるのではないでしょうか。サブトランクに載せられるような荷物ならサブトランクへ、載せるのがが難しそうな荷物は荷室、と分けておくのがおすすめです。

また、BRZには小物収納を可能にする純正のオプションはありません。荷室を汚れや水濡れから守る「トランクマット」「トランクソフトトレー」は用意されていますが、小物収納ボックスなどは用意されていないのです。

そもそもスポーツカーなので用意されていなくても不思議ではありませんが、日常使いをするうえではやや不便さが残るのは否めないでしょう。

もし小物収納の機能を上げたいのであれば、市販のボックスを購入して利用するのがおすすめです。

スバル 初代BRZをはじめとするスポーツカーになぜ収納機能が少ないのか?

BRZ以外の車種を含め、スポーツカーの収納機能はほぼ皆無と言っても過言ではありません。

ほとんどのスポーツカーは最低限運転に支障が出ない程度の収納機能は有しているものの、日常使いをするとなれば純正のオプションだけでは不安が残ることは間違いないでしょう。

姉妹車であるトヨタ 86も同様、収納機能に関するオプションはごくわずかしか用意されていません。さらにこの特徴は国産スポーツカーだけではなく、輸入スポーツカーでも同様なのです。

前項までで少し紹介しましたが、スポーツカーは実用性よりも走行性能を追求したクルマです。

BRZがいくら実用性もあるクルマであるとはいえスポーツカーの中での話なので、非常に使い勝手が良いわけではありません。

しかもシートアレンジありきでの使い勝手の良さといえるので、収納機能が特別高いとも言えない状況にあるのです。

そもそも、収納機能があることでクルマの重量は多少変わってきます。

少しでも軽量化を図りたいスポーツカー製造ラインからすれば、この「多少」の重さを生じさせる収納機能は、外すべきものの第一候補なのです。

また、コンセプトも家族などの大人数で乗る車ではなく、爽快な走りを楽しみたい方向けなので、実用性をユーザー側が求めていないことも背景にはあるかもしれません。

実用性を求めたりお子さんの成長に伴って手狭になってしまうと、スポーツカーはたちまち使い勝手が悪くなってしまうので、購入の際は家族の成長や計画も加味して選ぶのがおすすめといえます。

ここまでBRZの収納機能と、収納機能が最小限に留められている理由について解説しました。

BRZは走行性能をはじめとする機能は決して悪いわけではありませんが、スポーツカーゆえに、収納機能が少ないのは仕方がない側面があるのです。

ただしスポーツカーの中でも総合的な積載能力は高いので、シートアレンジなどを駆使して使い勝手の良い車内空間を自分で作り出していくと良いでしょう。

見た目だけでなく内装のアレンジも、クルマを楽しむ方法のひとつなのです。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道