BMW 初代X2をさらにアップグレードするオプションをご紹介!(3BA-YH15/3DA-YL20/3BA-YN20型)

BMW 初代X2

BMW 初代X2(3BA-YH15/3DA-YL20/3BA-YN20型)は、2018~2019 日本自動車殿堂 インポートカーオブザイヤーを受賞しています。躍動感のあるエクステリア(外装)や、居住性の高いインテリア(内装)など、優れた特徴を兼ね備えたクルマです。

今回は、スポーティな走りを堪能できるコンパクトSUVである初代X2を、より楽しめる便利なオプションをチェックしていきます。

Chapter
BMW 初代X2の魅力に迫る
BMW 初代X2のオプションをチェック!
BMW 初代X2のオプション・パッケージをチェック!

BMW 初代X2の魅力に迫る

BMW X2の魅力として挙げられるのは、スポーティな走行性能です。動力の要となるエンジンはグレードによって異なりますが、BMWのテクノロジーを集約したパワートレインが気持ちの良い走りを約束してくれます。

1.5L 直列3気筒DOHCガソリンエンジンを搭載の「X2 sDrive18i M Sport X」、

2.0L 直列4気筒DOHCのディーゼルユニットを採用した「X2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+」・「X2 xDrive20d M Sport X」、

2.0L 直列4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載「X2 M35i」

の3つがラインアップされています。エンジンスペックはグレードによっても異なりますが、基本的にはそれぞれ下記のようになります。

FFの「X2 sDrive18i M Sport X」:
最高出力103kW(140PS)4,600rpm、最大トルク220Nm(22.4kgm)/1,480~4,200rpm、燃費14.3km/L(JC08モード燃費)

4WDディーゼルユニットのX2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+」・「X2 xDrive20d M Sport X」:
最高出力140kW(190PS)4,000rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1,750~2,500rpm、燃費18.8km/L(JC08モード燃費)

4WDガソリンエンジンの「X2 M35i」:
最高出力225kW(306PS)5,000rpm、最大トルク450Nm(45.9kgm)/1,750~4,500rpm、燃費14.2km/L(JC08モード燃費)

ボディには、アルミニウムやカーボン・ファイバー強化樹脂などの超軽量素材を採用。今まで以上の高剛性化と軽量化を実現して、車両の安定性、安全性、快適性が向上。併せて、ブレーキ性能や加速性能などのドライビング・ダイナミクスにも大きく貢献しています。

トランスミッションには電子油圧制御式の7速DCTと8速ATを採用。「X2 sDrive18i M Sport X」に装備されている7速DCTは、スポーツ・モードを選択すると最大限のパフォーマンスを発揮。セッティング変更により、迅速なエンジン回転数の調整と最短のシフト時間を実現します。

「X2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+」・「X2 xDrive20d M Sport X」・「X2 M35i」に搭載されている8速ATは、セレクター・レバー、またはマルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリング・ホイールに装備されたシフト・パドルにより、スムーズかつ精確なギヤ・シフトを行います。

BMW 初代X2のオプションをチェック!

BMW X2には装備をより充実させるオプションが用意されています。

アダプティブLEDヘッドライト(6万8,000円)は、バリアブル・ライト・コントロール機能により夜間の視界を向上。ステアリング・ホイールの動きに反応し、ヘッドライトの角度を自動で制御します。

路面の状況を素早く認識して、暗い道でも優れたコーナリングを実現。走行状況に合わせた最適な光で路面を照らし、良好な視界を確保します。

快適性を向上する、運転席メモリー機能付きの電動フロント・シート(13万1,000円)がオプション装備として用意されています。「X2 M35i」では標準装備です。

ワイヤレス・チャージングも見逃せない便利なオプションです。わずらわしいコードがなく、センターコンソールに置くだけで、スマートフォンの充電が可能になります。「X2 xDrive20d M Sport X」には追加で標準装備になっています。

エクステリアの質感を高めるボディカラーのオプションも用意されています。オプションとなるカラーはストーム・ベイ・メタリック(16万4,000円)がありますが、メタリック・ペイント(9万6,000円)を選択することも可能です。

BMW 初代X2のオプション・パッケージをチェック!

BMW X2にはメーカー推奨のオプション・パッケージが3つ用意されています。

1つ目は、快適性を向上するコンフォート・パッケージ(11万3,000円)です。

スイッチひとつでオート開閉してくれるオートマチック・テールゲート・オペレーション(オープン/クローズ)と、運転席と助手席を暖めてくれるフロント・シート・ヒーティングがオプションになっています。

コンフォート・パッケージは、「X2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+」・「X2 xDrive20d M Sport X」・「X2 M35i」では標準装備となっています。

2つ目は、安全性能を向上するアドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ(18万5,000円)です。

先行車との車間距離の維持・ストップ&ゴー機能付きのドライビング・アシスト・プラス(ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール)と、さまざまな情報をフロント・ウインドーに投影することで、ドライバーの視界内に直接表示するBMWヘッドアップ・ディスプレイが含まれます。「X2 M35i」では標準装備です。

3つ目は、「X2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+」にオプション装備となる、ACTIVE+ PACKAGE(7万円)です。

ドライビング・アシスト・プラス(ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール)、電動フロント・シート(運転席メモリー機能付)、オートマチック・テールゲート・オペレーション(オープン/クローズ)などの機能に加えて、精悍な印象を際立たせるブラックの専用エクステリアをパッケージングしています。

専用のエクステリアは、ブラック・ハイグロス仕上げのキドニー・グリルと、ブラック・クローム仕上げのテールパイプを装備。高級感あふれるオプションとなっています。

BMW X2にはグレードに合わせた、さまざまなオプションが用意されていることがわかりました。

機能や質感をアップグレードするオプションで、あなただけの1台を作ってみてはいかがでしょうか。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道