大寒波!雪道を安全に運転するテクニックとは?

雪道の走り方

日本国内でも日本海沿岸部や東北地方、北海道に住んでいる方は走り慣れているであろう雪道

ですが、雪道と馴れ親しんでいる地域は日本の中でも一部に限られています。都心部など雪が滅多に降らない地域ではわずかな積雪だけでも交通は乱れ、酷いときにはマヒしてしまうケースも。

そこで今回は、雪道を安全に運転するためのコツや雪道で特に危険な場所、用意しておくと便利なアイテムについて詳しく解説します。

Chapter
基本的な雪道の走り方をチェック!
雪道で特にキケンな場所は?
雪道を走るためにはどんな準備が必要?

基本的な雪道の走り方をチェック!

テクニックといっても、まずは基本的な走り方を知らなければ応用的な技術を身につけることはできません。雪道を走る上で必要な基本的なことをしっかり押さえておきましょう。

まず覚えておきたいのが、ハンドルを急に切らないということ。

積雪がある路面を走る場合、乾いた路面を走る場合と比較してタイヤのグリップ力は大幅に落ちることになります。車線変更やカーブの際、ハンドルを急に切ってしまえば、タイヤが路面を捉えられずにスリップを誘発してしまう可能性が高くなるのです。

さらに、信号待ちの状態などから発進する時も、急な加速はとても危険です。慌てず急がず、車間距離もたっぷり普段の倍は確保し、ブレーキもそっと優しく踏むよう心がけましょう。

ブレーキ関連でいえば、普段よりもエンジンブレーキを上手く使って減速するようにすると安心です。これはブレーキロック(タイヤと地面との摩擦力をブレーキの力が上回り、タイヤが回転しなくなる現象)のを防ぐため。

最近のクルマはABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を採用していることがほとんどですが、ABSがないクルマに乗っている方ほどブレーキロックを警戒しなければなりません。

雪道で特にキケンな場所は?

一言で雪道といっても路面の状況は様々で、特に危険な箇所があります。

その代表として分かりやすい箇所を挙げるならば、日陰になっている部分です。日の当たらない場所は雪の融解が遅く、日なたではその逆の現象が起きます。

ということは、日陰と日なたを繰り返すような場所では、溶けた雪が再び凍り付くことでアイスバーン状態になっている可能性が高いです。よって、日陰はより慎重に運転しなければなりません。

また、交通量の多さから勘違いしがちですが、交差点も危険な場所です。交差点ではクルマが行き交うのは当然として、発進と停止を繰り返す場所でもあります。

そのため、他の場所と比較して雪が踏み固められており、エンジンの熱で溶けた雪が冷え固まりアイスバーンを作り出している場合があるのです。

左右に曲がらなければならない時は、通った車が道に残した車輪の跡、いわゆる轍(わだち)にも警戒して進むようにしましょう。

当たり前のことですが、雪道のカーブも危険地帯です。カーブの入口と出口で路面の状況が極端に変わりやすく、出口でいきなり立ち往生しているクルマ等が止まっている可能性もあります。

特にカーブを曲がっている途中、タイヤが空転しハンドルを取られるようなことがあればクルマの制御を取り戻すのは非常に困難。最悪の場合、崖下に真っ逆さま……なんてことにもなりかねません。

雪が積もった道でカーブを曲がる場合は、十分に減速し安全な速度で走るよう心がけると良いでしょう。

雪道を走るためにはどんな準備が必要?

雪道を走る時の基本を知って、危険な場所を確認すれば安全というワケではありません。知識の他に、物理的な準備も必要です。

まず絶対に必要なのが、スタッドレスタイヤの装着でしょう。スタッドレスタイヤとは、一般的なサマータイヤとは異なり、雪道を走行するために特化した、滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫が施されたタイヤのことを指します。これを4輪全てに装着することが、雪道走行時の大きな鍵となってくるのです。

ただし購入してから3年以内の製品であり、50%以上の摩耗がないスタッドレスタイヤでなければ、冬用のタイヤとして十分な性能を発揮することはできません。

さらに、備えとしてタイヤチェーンの用意も忘れずにしておくと安心です。大雪の場合、チェーン規制が公布される場合があります。

これは、チェーンを装着していない車が走るのを禁じたもので、チェーンを装着していなければ走ることができない区間を、チェーン未装着のまま走ると6か月以下の懲役、または30万円以下の罰金が課せられるというものです。

万が一の場合を鑑みて、スタッドレスタイヤだけでなく、チェーンもクルマに載せておくのが雪道を走る時の賢いやり方でしょう。

雪道は、普段走り慣れている道とは全く違うものだということを理解しておかなければなりません。

1つの小さなミスが命取りにもなりかねない、危険な道路状況なのです。

今回紹介したちょっとしたコツや知識を生かし、雪道を安全に運転する準備をしておくと良いでしょう。

※2021年12月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道