【知っておきたい知識】自動車保険の手続きには何が必要?やり方は?

自動車保険

クルマを運転するにあたり、考えなければならないのが自動車保険

現在では数多くの保険会社が存在しており、商品自体もさまざまですが、どうやって手続きをすればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自動車保険の手続き方法や、必要なものについて解説いたします。

Chapter
自動車保険の手続きに必要なものとは?
自動車保険の手続き方法をチェック!
自動車保険手続きの注意点は?

自動車保険の手続きに必要なものとは?

自動車保険を契約するには、契約したい方の情報を保険会社側が正確かつ詳しく知る必要があります。運転免許証の色・車台の番号・車両の型式・登録番号などが主に必要な情報で、これは契約の際だけでなく、見積もりの段階で必要な情報です。

そのため、必要となるものはそれらが記載されている運転免許証と車検証が必要なのです。印鑑については、保険会社によって対応が異なります。

また、初めての自動車保険加入であれば必要はありませんが、保険会社を変える場合も運転免許証と車検証が必要です。
自動車保険を切り替えたい場合には、すでに加入している保険の保険証券も必要になります。この保険証券の提出があれば、保険の切り替え時に運転免許証や車検証の提出はしなくて済むこともあります。これは、保険会社の対応により異なる部分です。

保険の契約に必要な書類がどのようなものか細かく見ていくと、まず免許証はざっくりいうと「本人の情報が記載されているもの」となります。

名前や住所、免許を取った日や運転できる車両の区分が記されている車検証は、クルマのナンバーを始め、クルマの型式や所有者/使用者の名前といった情報を確認することが可能です。

また、保険証券は「契約している保険の情報が分かる書類」となり、契約者の名前や補償の内容、期間や等級といった情報が確認できます。

紙面だけでなく、オンラインで確認できる保険もあるため、そういった保険を契約している場合には印刷してすぐ確認できるようにしておくのが望ましいでしょう。

自動車保険の手続き方法をチェック!

自動車保険の契約方法には、代理店を通して契約する方法と、ネットを使って直接契約する方法の2つの方法が存在します。それぞれ代理店型ダイレクト型と呼ばれており、加入方法は異なります。

代理店型ディーラーや中古自動車販売店などで、クルマを購入する際に加入することがほとんどでしょう。自動車の見積もりなどに、保険の見積もりが一緒に載っていることもあり、プランや内容に問題がなければ提出書類を揃えたり、必要があれば入金などを行って手続きが完了します。

一方、ダイレクト型の保険は保険の販売を行っている会社のホームページに直接アクセスしたり電話をかけることで、ユーザー自ら申し込みを行う方法です。申し込みを行うと、保険会社より見積書や申込書といった書類が届けられるので、必要な部分を記載したり各書類を添付して送付。手続きが済めば、晴れて契約となります。

代理店型とダイレクト型のどちらでも、事故が起きてしまった際の対応に大きな違いはありません。

自動車保険手続きの注意点は?

自動車保険の手続きで最も注意しなければならないのが、自分にあった保険を選ぶことです。それを簡単に実現するため、保険会社を1つに絞らずに複数の保険会社に見積もりを依頼するようにしましょう。

自動車保険といっても補償内容や補償期間もさまざまで、保険商品によっては弁護士の費用も補填してくれるような保険も存在しています。保険の金額も含めて、最も安心できる保険を選ぶことが重要なのです。

また、確認を怠る保険の販売員は少ないと思われますが、保険を切り替える場合は切り替え先の保険会社に「今回の契約は保険の切り替えである」ことを一度は伝えておくようにしましょう。万が一保険の契約がダブってしまえば保険料が2重にかかるだけでなく、等級を引き継いで新しい契約にすることができません。

ダイレクト型で自動車保険に入ろうと思っている方こそ注意が必要で、申し込み時に切り替えであることを記入する欄を探し、忘れずにチェックが必要です。

自動車保険の加入は手続き自体も簡単で、申し込みで迷うことはほとんどありません。

重要なのは、自分にあった保険なのかどうか。

最適な保険を選ぶことで、より充実したカーライ保険フが送れるようになるでしょう。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道