ダイハツ 4代目タントのインパネには便利な機能が搭載!

ダイハツ 4代目タント

今回は、ダイハツ 4代目タント(5BA-LA650S/5BA-LA660S/6BA-LA650S/6BA-LA660S型)のインパネ機能についてご紹介します。

4代目タントは、ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(DNGA)により、様々な機能を刷新。

初代タントから踏襲された広い室内と機能性あふれる装備を、さらにブラッシュアップして体現しています。

多くのユーザーから高い支持を集めるダイハツ タントとはどんなクルマなのかをチェックしながら、4代目タントのインパネ周りの機能にフォーカスしてご案内します。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
ダイハツ 4代目タントはスーパーハイトワゴンの草分け的存在!
ダイハツ 4代目タントのインパネの機能をチェック!
ダイハツ 4代目タントのインパネは先進機能とリンク!

ダイハツ 4代目タントはスーパーハイトワゴンの草分け的存在!

ダイハツ タントのインパネ機能について紹介する前に タントがどういったクルマなのか、おさらいしておきましょう。

初代タントは2003年11月にデビューしています。広い室内空間と全高1,700mmを超えるハイトのあるボディが特徴で、スーパーハイトワゴンの草分け的存在と言えるパイオニアモデルです。

当初のグレードはNAエンジン搭載の「L」・「X」・「X Limited」、ターボエンジン搭載の「R」・「RS」の計5グレードとなっています。

2007年にフルモデルチェンジされた2代目タント。軽自動車初となるセンターピラーレス化とスライドドアを組み合わせた、利便性の高いミラクルオープンドアを助手席側に採用しています。これにより、より使い勝手の良いモデルに進化しています。

3代目タントは2013年に発表されています。ミラクルオープンドアは踏襲しながら、リアシート(後席)下部のフルフラット化により積載性を向上。安全性を重視して、衝突被害軽減ブレーキスマートアシストを採用しています。

2019年にフルモデルチェンジした4代目タントは、プラットフォームを新たに開発、サスペンションスプリング調の見直しと同時に、アンダーボディの剛性を高め、乗り心地と堅固性の両立を実現しています。

昨今、特に重要視される安全機能については、先進テクノロジーを投入した予防安全機能となるスマートアシストを搭載。多彩なシートアレンジの工夫により、室内空間の拡充と積載性能の向上を果たしています。

ダイハツ 4代目タントのインパネの機能をチェック!

ダイハツタントのインパネは、ストレスフリーで直感的に操作できる機能が装備されています。

大きな表示サイズのデジタルメーターは、高さを抑えてレイアウト。下方向へ抜けのよい運転視界を確保して、運転時のストレスを軽減、安全運転に繋げます。

4.2インチの高精細な液晶画面となる、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが搭載され、ドライブに必要なインフォテイメントやオートエアコンのステータスなど、さまざまなドライブインフォメーションを見やすく表示します。

エコドライブアシスト照明付きのドライブアシストイルミネーションでは、運転状況に合わせて、エコ運転時や注意喚起時などで照明色が変化。ドライバーへ分かりやすく情報を伝えます。

タントのインパネには、使い勝手の良い収納機能も装備されています。運転席側と助手席側にはそれぞれカップホルダーを設置、助手席側には、ティッシュボックスなどを収納できる大型のインパネトレイや、車検証などを収納できるグローブボックスを装備しています。

ダイハツ 4代目タントのインパネは先進機能とリンク!

ダイハツタントのインパネは先進機能とリンクして、ドライブをより快適にします。クルマとスマートフォンを繋ぎ、対応しているスマホアプリをディスプレイオーディオの大きな画面上で連携して快適に使えます。

スマホによる目的地の設定や、音楽アプリの使用、ハンズフリー通話、ナビや交通情報のアップデートなどを、クルマのディスプレイ画面上で簡単に操作が可能です。

つながる安心と快適・便利を提供する、ダイハツコネクトの使用も可能です。ダイハツコネクトは、事故・故障対応サポートやメール見守り機能などでドライバーをサポートします。

スマートパノラマパーキングなどの安全機能を装備した、6.8インチスマホ連携ディスプレイオーディオ(11万5,500円)や、9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ(14万3,000円)などの、パックオプションもラインアップされ、快適性能をさらにアップすることもできます。

ダイハツ タントのインパネには、ドライブのストレスを軽減する装備レイアウトの工夫や、先進機能を便利に使える快適性が与えられています。

ドライバーのことを考えた機能を感じながら、ドライブを楽しみたい方は、タントを試してみてはいかがでしょうか。

※2021年6月現在

商品詳細