タントカスタムのマイナーチェンジ【変更点を画像を使って紹介】

軽自動車の中で一二を争う人気車種タントカスタム(TANTO Custom)が
2015年12月にマイナーチェンジをしましたね。

先日私もこのマイナーチェンジをしたタント(TANTO)を見てきたのですが、
フロントのマスクの迫力がアップ。

かなり押し出し感が強いデザインになっていました。
そんなタント(TANTO)の変更点・違いを画像を使って紹介したいと思います。

※2016年1月2日の記事です。

Chapter
変更点1:フロントグリルのデザイン
変更点2:バンパーのデザイン
変更点3:ライトのデザイン
変更点4:インパネパネルのデザイン

変更点1:フロントグリルのデザイン

今回私が見ることが出来たのは、タント(TANTO)の最上位グレードの
RSトップエディション SAⅡ。

このタント(TANTO)の変更点の一つは、フロントグリルのデザイン。

このマイナーチェンジ後のモデルの”RSトップエディション SAⅡ”は、
2本のグリルバーが特徴の専用デザインを採用。

かなり押し出し感が強いデザインになっている印象を持ちました。

この迫力のあるタント(TANTO)のデザインは、今回のマイナーチェンジの
特徴の一つだと思いました。

変更点2:バンパーのデザイン

また、今回マイナーチェンジをしたタント(TANTO)の変更点の一つが、
バンパー部分のデザイン。

今回のマイナーチェンジではメッキデザインが変更され、
フロントグリル部分からメッキパーツから伸びてバンパー全体を
囲っているようなデザインに・・・。

今まではフォグランプまわりのみメッキ調ガーニッシュで囲われて
いましたが、そのデザインに比べて迫力が全く違うと感じました。

また注目なのが、このバンパー全体を囲っているようなデザインは
最上位グレード“RSトップエディション SAⅡ”専用のデザイン。

このフロントグリルから一筆書きのように繋がっているメッキ調の
ガーニッシュのおかげで、他のモデルよりも押し出し感が強いデザインに
なっているように感じました。

変更点3:ライトのデザイン

今回マイナーチェンジをしたタント(TANTO)ではヘッドライトの
デザインも大幅に変更。

“RSトップエディション SAⅡ”のヘッドライトはこのように
ダークメッキのLEDヘッドライトを採用。

ちなみに、こちらはタントの標準モデルのライト。

“RSトップエディション SAⅡ”のライトはダークメッキ調のデザインに
なっているので、クリアパネルを使用していない分引き締まった感じに
なっているのがわかりますよね。

また、リアコンビネーションランプも同様。

タント(TANTO)のリアコンビネーションランプもヘッドライトと同様に
引き締まったデザインのダークメッキ調のデザインを採用。

ヘッドライトと同様に光沢感を抑えたシックな雰囲気のライトになっていました。

変更点4:インパネパネルのデザイン

また、今回マイナーチェンジをしたタント(TANTO)では、
内装・インパネのデザインも進化しました。

特に注目なのは、シフトレバーやエアコンコントローラーがある
センターコンソール部分。

今回新しくなった”RSトップエディション SAⅡ”では、
このセンタークラスター部分に採用されているパネルのデザインが変わり、
プレミアムシャインディープブルー模様を採用。

タント(TANTO)のセンタークラスターを近くで近くで見てみると、
濃い青がマーブル状に入っており、スタイリッシュ且つ高級感の
あるデザインになっていました。

ちなみに、こちらはセンタークラスター部分と同様の
プレミアムシャインディープブルーのマーブル柄が入っているインドアパネル。

高級感のあるデザインで良いですよね。

ラグジュアリーさを追求した”RSトップエディション SAⅡ”にピッタリな
とても良いデザインになっていました。

また、このタント(TANTO)のセンタークラスターを含めたインパネの
デザインは、軽自動車のレベルを遥かに超えているように思いました。

このように今回2015年12月にマイナーチェンジをして新しくなった
タント(TANTO)の”RSトップエディション SAⅡ”は、さらに高級感のある
スタイリッシュ&ラグジュアリーなデザインになっていました。

テレビCMを見た際はちょっとギラギラ感が強いと思っていたのですが、
実際に見ると、とても良いデザインだと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ