レクサス 初代CTのグレードを徹底比較!おすすめのグレード「CT200h」は386万9,000円から

レクサス 初代CTグレード比較

今回はレクサス 初代CT(ZWA10-AHXBB/ZWA10-AHXEB型)のグレードについてご紹介します。

初代CTはレクサスのエントリーモデルでありながら、ボディカラーやインテリアカラーが豊富に設定されているなど、長所の多い1台です。

そんな初代CTにはどのようなグレードが設定されているのでしょうか。

レクサス 初代CT CT200h “F SPORT” 【価格:451万円~】

「CT200h “F SPORT”」は 「CT 200h “versionC”」の上位グレードで、フレアレッド/ブラック、ブラック/レッドのインテリアカラーや本革シートなどが設定されています。

「CT200h “F SPORT”」には専用装備も多く、“F SPORT”専用フロントフォグランプベゼルやリアスポイラー、ディンブル本革ステアリング&ディンブル本革シフトノブ、アルミ製スポーツペダル&ヘッドレストやスカッフプレートなどが標準装備されています。

さらに、“F SPORT”専用本革シートマークレビンソン“サラウンドサウンドシステム”がメーカーオプションとして設定されています。

ホイールには215/45R17タイヤ&“F SPORT”専用アルミホイールが装備されています。

価格は451万円で、「CT 200h “versionC”」よりも40万7,000円高く設定されています。

レクサス CT CT200h “versionL” 【価格:488万1,000円~】

「CT200h “versionL”」はレクサス CTの最上位グレードで、オーカー/ライトオーカーのインテリアカラーが設定されています。

「CT200h “versionL”」の装備としては、チルト&アウタースライド式ムーンルーフや雨滴感知式オートフロントワイパー、広角・自動防眩・リバース連動チルトダウン・メモリー・ヒーター付オート電動格納式ドアミラーなどが標準装備されています。

シートには、運転席ポジションメモリー/運転席・助手席ヒーター付本革シート運転席8Way&助手席4Way調整式パワーシート運転席電動ランバーサポートが備わっています。

また、ホイールには215/45R17タイヤ&アルミホイールが装備されています。

価格は488万1,000円で、「CT200h “F SPORT”」よりも37万1,000円高く設定されています。

今回はレクサス CTのグレードについてご紹介しました。

CTには4つのグレードが設定されていましたが、中でもベースグレードである「CT200h」がおすすめです。

優れた走行性能や充実の装備が備わっているのはもちろんですが、何よりも燃費が最も良いのは嬉しいポイントです。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道