レクサス CTの注目の純正アクセサリーとは!?

レクサスで最もコンパクトな5ドアハッチバックモデルのCTには、コンパクトモデルでも街中や山道をキビキビ走れるような乗り心地を得られる純正アクセサリーが、TRDのFスポーツパーツとしてラインアップされています。そこで今回は、レクサス CTの注目のアクセサリーをご紹介します。

文・YOKOHAMA

Chapter
メンバーブレース
フロントエアロスパッツ
フロントスポイラー/サイドスカート
クオーターパネルスポイラー/スポーツマフラー&リヤディフューザー
8インチ鍛造アルミホイール&セキュリティロックナットセット

アンダーボディ用の注目アイテムはこちら!

メンバーブレース

ボディ剛性でも定評のあるレクサス車ですが、このメンバーブレースを装着することで、さらにボディフロア全体を前から後ろまでバランス良く補強することができます。より高い剛性を得られるよう、取り付ける場所に応じて素材を変えており、フロントがアルミニウム製、センターとリアサスペンションメンバーはスチール製となっています。
 
また、剛性の向上だけではなく、サスペンションがより路面からの力を受け止めやすくする効果もあるので、よりしなやかな乗り心地と高いロードホールディング性能を引き出すというメリットもあります。メンバーブレースを装着することで、未装着より約5ミリ最低地上高がダウンしますので、既に車高を下げている場合は注意が必要です。

フロントエアロスパッツ

このフロントエアロスパッツは、エンジンカバー下面に装着することで、ボディアンダーに流れる風の整流効果を高め、操縦安定性を向上させます。普段見えない部分のパーツではありますが、TRDならではのこだわりが感じられるアイテムとなっています。特に高速走行時のレーンチェンジなどで効果が期待できます。
 
最低地上高はオリジナルより約25ミリダウンしますが、合成ラバー(EPDM)製なので、万が一の底打ちの際でもダメージを低減できる点は安心です。

エクステリア用の注目アイテムはこちら!

フロントスポイラー/サイドスカート

TRDが手掛けるエアロパーツは、レーシングカーの開発やパーツの製造を行ってきたからこそ作れる、空力効果を発揮する機能性の高いデザインになっています。

フロントとサイド部では、適切なダウンフォースと迫力のあるフロントマスクを創り出すフロントスポイラーに加え、ボディ側面を流れる風を整流することで、直進安定性を向上させるサイドスカートが用意されています。
 
装着することで地上高がフロントスポイラーは約30ミリ、サイドスカートは約10ミリダウンし、よりスタイリッシュに仕上がります。

クオーターパネルスポイラー/スポーツマフラー&リヤディフューザー

リア部分には、ブレーキランプ上部に装着するクオーターパネルスポイラーと、マフラーとセットで装着するスポーツマフラー&リヤディフューザーが用意されています。

クオーターパネルスポイラーは、ボディ側面を流れる風を整え、リアにかかる揚力を低減させることで走行安定性に寄与し、ステアリングフィールを向上させます。また、安定したダウンフォースをもたらすリヤディフューザーは、リアのスタビリティを向上させます。
 
スポーツマフラーにはハイブリッド車専用の背圧チューニングが行われており、燃費性能を維持しつつ豊かなトルク特性を発揮できるようになっています。その性能もさることながら、キラリと輝くステンレススチール製φ76ミリの4本出しテールエンドが、スポーティなリアスタイルを演出してくれます。

8インチ鍛造アルミホイール&セキュリティロックナットセット

TRDでは、定番アイテムのアルミホイールもCT専用開発品が用意されています。スポーク部分の造形にもこだわりながら専用開発された、軽量・高剛性の18インチ鍛造アルミホイールは、バネ下重量の軽量化と剛性向上を行うことで、しなやかな乗り心地と高いロードホールディング性能を実現しています。

また、メンバーブレースと同時装着を行うことで、より高い効果を発揮するアイテムとなっています。

レクサス CTは、これらのパーツを装着することで、扱いやすいコンパクトなモデルから、走りをより楽しめるモデルへと進化するでしょう。

yokohama|よこはま

外資系自動車WEBサイトのライターとして10年以上、メーカーオプション、ディーラーオプション、アフターカーパーツの情報を中心に執筆。オートサロン、オートメッセなど現地取材をし、カーグッズの変遷や新商品情報についても得意とする。新カーグッズの情報などユーザーのカーライフが楽しくなる記事を執筆中。

yokohama|よこはま