エンジンパワーが異なるラインアップを用意!アバルト595のグレードを徹底解説

アバルト595 2017年マイナーチェンジ

10年以上の長いモデルライフを誇るアバルト595。それだけに多くの限定車が販売されたり、グレード展開が変更されたりしました。

現在、カタログモデルとしてラインアップされているのは3グレードです。それぞれの違いについて注目していきましょう。

文・写真/西川 昇吾

※ 2021年5月時点

Chapter
アバルト595:ベースグレード
アバルト595/アバルト595C:ツーリズモ
アバルト595:コンペティツィオーネ

アバルト595:ベースグレード

今回試乗したグレードは3種類あるグレードの中でも最もベーシックとなるベースグレードです。メーカー希望小売価格は税込で5速マニュアル車が300万円からとなっています。なお、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション車は326万円からです。 

最高出力107kW(145PS)/5,500rpm、最大トルク210Nm/3,000rpmを発生する1.4Lターボエンジンを搭載し、価格はマニュアル車で税込300万円から、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション搭載車は326万円からとなっています。

なお、日本市場ではマニュアル車は右ハンドルと左ハンドルどちらも選ぶことができます。ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション搭載車は右ハンドルのみです。

そのほかアバルト595専用のエアロパーツやスポーツシートが装備されていて、ベースグレードながら見た目の質感はバッチリとなっています。ベースグレードのみの限定的なポイントはボディカラー、オプションのロッソアバルトはこのベースグレードのみで選択可能です。他のグレードでは赤系のボディカラーの用意はありません。

アバルト595/アバルト595C:ツーリズモ

ベースグレードの1つ上にラインアップされているのが、595ツーリズモです。こちらは日本市場では右ハンドルのATモード付5速シーケンシャルトランスミッション車のみとなっていて、価格は税込み363万円からとなっています。見た目は大きく変わっていませんが、数々のメカニズムがグレードアップされています。

エンジンはベースグレードと比べると基本的な部分は大きく変わっていませんが、最高出力121kW(165PS)/5,500rpm、最大トルク230Nm/2,250rpmというスペックとなっていて、よりパワフルかつ低回転からトルクフルなパワーユニットとなっています。これにより0-100加速は7.3秒と、ベースグレードから0.5秒速いタイムとなっています。
 
また、パワーアップした走りを受け止める足回りもバージョンアップが施されています。タイヤ&ホイールが205/40R17へとサイズアップされているほか、フロントにハイパフォーマンスサスペンション、リアにKONI社製ショックアブソーバーを装備。ストッピングパワーも強化され、フロントにハイパフォーマンスブレーキパッドやドリルドベンチレーテッドディスク、リアにドリルドディスクが与えられます。

装備面も充実した内容となっていて、ベースグレードではマニュアルエアコンですが、こちらはフルオートエアコンを装備。そしてレザーシートが与えられ、インテリアからもより上級なグレードであることが伝わってきます。

また、このグレードではカブリオレボディも選択可能です。(595Cツーリズモ)なお、595CツーリズモではツートンカラーのNero Scorpione/Bianco Garaが595ファミリーでは唯一選択可能。ちなみに、3層仕上げのパールホワイトも595Cツーリズモと595ツーリズモのみが選択可能となっています。

ツーリズモは595の中で最もおしゃれなグレードとも言えるでしょう。

アバルト595:コンペティツィオーネ

そして、アバルト595トップグレードとなるのが、595コンペティツィオーネです。価格は5速マニュアル車が税込383万円から、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション車が400万円からとなっています。こちらもベースグレードと同じく、マニュアル車は左ハンドルが選択可能です。

エンジンは更なるバージョンアップが施されていて、最高出力132kW(180PS)/5,500rpm、最大トルク250Nm/2,000rpmというハイスペックを実現。0-100加速は6.7秒とスポーツカーに引けを取らない性能となっています。

もちろん足回りもこれだけのハイパフォーマンスを受け止めるのに相応しいバージョンアップがなされています。フロントにブレンボの4ポッドキャリパーを装着し、サスペンションには前後KONI社製のショックアブソーバーを採用するなど、スポーツカーの上級グレード並みの走りの装備が採用されているのです。

また、シートもレザーとアルカンターラを組み合わせたサベルト社製のこのグレード専用のものになっている他、ステアリングもシート同様にレザーとアルカンターラの組み合わせとなっていて、高級かつレーシーな雰囲気となっています。

ボディカラーで言えばGiallo Modenaと呼ばれるイエローがこのグレード限定のカラーとなっています。イエロー系のボディカラーは他のグレードでは用意がありません。

アバルト595には3つのグレードが存在しますが、それぞれ段階的に性能がバージョンアップされているのが特徴です。購入してからカスタマイズする楽しみもあると思いますが、将来的にカスタマイズでバージョンアップするならば、上級グレードを購入するという選択肢も大いにありと言えます。

また、グレードによって選択可能なボディカラーが異なりますので、その点を考慮してグレード選択するのも楽しいかもしれません。

アバルト 595を伊藤梓が徹底解説!可愛い見た目ながら官能的で刺激的な走り

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」を目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾