アバルト 初代595(ABA-31214T型)の収納機能はコンパクトなのにゴルフバックも入り利便性が抜群!

アバルト 初代595

アバルト 595(ABA-31214T型)の収納性能について紹介します。イタリアのアバルト社が製造販売しているクルマで、同社のフラッグシップモデルでもある595は、その高い走行性能で人気の高い1台です。

コンパクトなボディからは想像もつかない馬力を有していますが、595には、利便性抜群の収納機能もあるのです。今回は、595の収納性能について詳しく見ていきましょう。

Chapter
アバルト 初代595とはどんなクルマ?
アバルト 初代595のラゲッジルームは広々確保されている
アバルト 初代595のその他の収納機能も利便性が抜群

アバルト 初代595とはどんなクルマ?

アバルト 595は2007年に登場したクルマです。

それ以前から、アバルト 500という名前で存在はしていましたが、2017年のマイナーチェンジを期に全グレードで595に名前が改められました。ベースはフィアット 500で、どことなく似た雰囲気を感じさせる1台です。

全長3,660mm×全幅1,625mm×全高1,505mmの4人乗りというコンパクトなクルマですが、車両総重量は1,110kgあり、普通車に分類されます。

特筆すべきは走行性能で、直列4気筒 DOHC 16バルブ インタークーラー付きターボを搭載した312B4型エンジンは、見た目とは裏腹の力強い走りを見せてくれます。アバルト社がもともとレーシングカーを専門にしていたこともあり、高い走行性能は市販車である初代595にも存分に生かされているのです。

また、7インチのタッチパネルモニターを採用した、Uconnectを搭載しています。ハンズフリー通話やメディアプレイヤー機能はもちろん、スマートフォンの対応アプリがそのまま画面に表示されるため、いちいちスマートフォンを操作する必要もありません。初代595は、走行性能だけでなく、使い勝手も考え抜かれた1台と言えます。

アバルト 初代595のラゲッジルームは広々確保されている

通常、アバルトのようなレーシングカーを主軸に開発しているディーラーのクルマは、車載性を犠牲にしている場合がほとんどです。レースで勝つためには無駄なものを載せないことから、車載性を無視しているからです。しかし、アバルト 595は、広々としたラゲッジルーム(荷室)が備えられています。

リアシート(後席)をそのままにした状態でのラゲッジルームの広さは、なんと185Lもあります。さらに、リアシートを格納すれば、550Lもの大容量スペースを確保できるのです。この広さは、ゴルフバックが難なく積み込める大きさで、どれだけ広いかがよくわかるでしょう。

また、ラゲッジルームランプも標準搭載されているため、夜間の荷物の積み下ろしも非常に便利です。コンパクトなボディでありながら、しっかり確保された広いスペースで、日常使いでもその利便性の高さを発揮します。もちろん、速さを追求したいならあえて何も載せないのもアリですが、できれば有効活用したいところです。

<次のページに続く>
次ページ
アバルト 初代595のその他の収納機能も利便性が抜群

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道