ホンダ 初代N-VAN(5BD-JJ1/5BD-JJ2型)の多彩なシートアレンジにより広がる車載性!

ホンダ 初代N-VAN

ホンダが製造販売している軽貨物バンである、ホンダ N-VAN(5BD-JJ1/5BD-JJ2型)のシートアレンジについてご紹介します。ホンダが誇る人気の軽自動車Nシリーズから、2018年にN-VANは誕生しました。

それまでは普段使いの軽自動車としてのイメージが強かったNシリーズに、新たな風を吹き込む形です。技術のホンダの名に恥じない、普段使いでも商用でも使える、画期的なクルマとなりました。今回は、そんなN-VANの多彩なシートアレンジに迫っていきます。

Chapter
ホンダ 初代N-VANとはどんなクルマ?
ホンダ 初代N-VANの多彩なシートアレンジ!どれくらいの積載力が?
ホンダ 初代N-VANのアクセサリーで広がる車載性やシートアレンジ方法

ホンダ 初代N-VANとはどんなクルマ?

ホンダ N-VANは、2018年に登場した、商用での活躍を期待して出された軽自動車です。ホンダにはもともとアクティバンと呼ばれる、商用車向けの軽自動車がありました。その最大の違いはターゲットにあり、完全商用利用を目的とするアクティバンに対して、N-VANは乗用車としての利用も視野に入れたクルマとして登場したのです。

ラインアップは、「G」「L」「+STYLE FUN」、そして「+STYLE FUN・ターボ」の4種類になります。見た目でわかる違いとして、「G」「L」がタフタホワイトⅢルナシルバー・メタリックの2つだけに対して、「+STYLE FUN」「+STYLE FUN・ターボ」が、この2色を含めた8つのカラーリングがあることです。

また、そのほかの違いとして、「+STYLE FUN」「+STYLE FUN・ターボ」だけの装備がいくつかあります。PM2.5対応の高性能集塵フィルターや充電用USBジャック、リアシートピローなどがついているという違いがあります。

しかし、どちらも車載性にまったく差はなく、普段使いでも商用でも使いやすい、かつおしゃれなラインアップになっているのです。

ホンダ 初代N-VANの多彩なシートアレンジ!どれくらいの積載力が?

ホンダ N-VANは、シートアレンジによる車載性の高さが自慢のクルマです。

助手席シートを倒さない状態でのラゲッジルーム(荷室)の広さはラゲッジルーム長1,510mm、ラゲッジルーム幅1,390mm、ラゲッジルーム高1,365mmと非常に広く設計されています。

リアシート(後席)はダイブダウンできるため、フロアが完全に平面になるのも魅力的です。また、助手席シートもダイブダウン可能で、その際の長さは2,635mmにまで広がります。助手席シートにダイブダウン方式を採用しているため、広々としたフラットなフロアが簡単に作り出せるのです。

積載できる物の大きさとしては、長さ380mm×幅310mm×高さ280mmの段ボールで71個、長さ447mm×幅364mm×高さ315mmのビールケースなら40個載せることができます。ラゲッジルーム床面地上高が525mmと低いため、無理なく荷物の積み下ろしができるのもうれしいポイントです。

ただし、N-VANは軽自動車のため、最大積載量は350kgであることには注意しましょう。

助手席シートをダイブダウンして荷物を積んだ際、運転席側に荷物がなだれ込まないようにする、脱着式の小物侵入防止板がついています。高い車載性をサポートするためのアイテムです。普通のクルマにはできない、十分なフラットスペースを確保できるため、荷物の運送だけではなく車中泊での利用も期待できます。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 初代N-VANのアクセサリーで広がる車載性やシートアレンジ方法

吉田 恒道

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道