GT-R NISMOは2,420万円!プロが徹底試乗でその真価を検証

NISSAN GT-R NISMO

2007年に登場した現行型GT-R。すでに販売開始から約13年が経過し、熟成が進んでいます。

中でもGT-R NISMOはサーキット走行も視野に入れたフラッグシップモデル

今回はこのGT-R NISMOを公道で試乗を行い、徹底評価します。

文・写真/萩原 文博

2020年型のGT-R NISMOはより高性能化された過去最強のGT-R

2020年型のGT-R NIMOは3.8L V6ツインターボエンジンに採用されているターボチャージャーを新型に変更

タービンブレード(羽根)の枚数を減らすとともに最新の流体・応力解説を行い形状を見直すことで、出力を落とすことなくレスポンスを約20%向上させました。

さらに、車両の重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を採用することで車両を軽量化するとともにコーナンリング性能を向上させています。

さらにフロントフェンダーに採用されたエアダクトはエンジンルームからの熱を逃がすだけでなく、フロントタイヤのダウンフォースを増やす効果をもたらします。

加えて、世界最大級のサイズを誇る超高性能のカーボンセラミックブレーキは世界トップクラスの制動性能を発揮します。

サーキットでの高速度域での効きの良さと、一般道での低速度域でのコントロール性を両立しています。

GT-R NISMOはその見た目とは裏腹にかなり快適に街乗りができる

見た目、そして装着されているパーツ類を見ると公道での快適性よりもサーキットで少しでも速く走ることを追求しているように見えますが、GT-R NISMOは街乗りでの快適性を十分に持ったマシンに仕上げられています。

確かに路面の轍などには多少神経質になりますが、高速道路のつなぎ目やギャップを乗り越えた時の入力の収束は早く、乗り心地の悪さは感じられません。

また、エンジンフィールも新型のターボチャージャーの効果により、レスポンスが早いだけでなく加速性能が非常にスムーズで軽やかになっています。

最高出力600psというハイパワーマシンですが、非常に良く調教されたサラブレッドのように非常に従順で扱いやすいのが特徴です。

また、四つのタイヤの接地感をしっかりと感じられるため、路面からのインフォメーションをドライバーはダイレクトに感じることができます

タイヤがどれくらい仕事しているのかが分かるため、クルマとの対話を楽しむという醍醐味を味わえるのです。

GT-R NISMOが本当のポテンシャルを発揮するステージがサーキットであることは間違いありません。

しかし、街乗りでの快適性も担保され、まさにいつでも、どこでも、誰でも速く走行できる日本のスーパースポーツカーに仕上げられています。

<次のページに続く>
次ページ
GT-R NISMOを運転して感じた不満点は?

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博