【プロ解説】ジャガーXFスポーツブレークの安全装備を徹底解説!!

ジャガーXF スポーツブレイク

近年、クルマの装備の中でも目覚ましい進化を遂げているのが、運転支援システムを含む安全装備です。

運転を半自動で行ってくれるものから事故の被害を軽減するものまで、様々な安全装備が登場しています。

今回は、ジャガーXFスポーツブレークの安全装備について解説します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
オートノマスエマージェンシーブレーキ(自動緊急ブレーキ)
ペデストリアンコンタクトセンシング(歩行者頸部保護システム)
サラウンドカメラシステム(360°ビュー)
レーンキープアシスト&ドライバーコンディションモニター
ブラインドスポットアシスト&リバーストラフィックディテクション
アクティブクルーズコントロール(キューアシスト付)
フロント&リアパーキングエイド

オートノマスエマージェンシーブレーキ(自動緊急ブレーキ)

他のクルマとの衝突の危険を察知すると警告音でドライバーに注意を促し、警告ビジュアルも表示します。

それでも衝突が避けられないと判断した場合、自動的にブレーキをかけて衝突時の被害を軽減するシステムです。

ペデストリアンコンタクトセンシング(歩行者頸部保護システム)

車内の乗員だけでなく、車外の人の安全性確保を考えたシステムです。

万が一、歩行者と接触した場合にボンネットをわずかに浮かせることで、衝撃を和らげます。

サラウンドカメラシステム(360°ビュー)

ボディの目立たない位置に装着した4台のデジタルカメラによって、車両の周囲360°のオーバーヘッドビュー(クルマを真上から見たような合成画像)をスクリーン表示します。

同時に複数のビューを表示できるので、縁石近くの狭い場所での出入庫や交差点の通行などで役立ちます

レーンキープアシスト&ドライバーコンディションモニター

レーンキープアシストは、ウィンカー操作なしに車線を逸脱すると、自動的にステアリングホイールを制御してクルマをレーン内に戻すシステムです。

一方のドライバーコンディションモニターは、ステアリングホイールの操作状況からドライバーの疲れや眠気の兆候を検知して、休憩を促す機能です。

ブラインドスポットアシスト&リバーストラフィックディテクション

衝突回避を支援するブラインドスポットアシストは、車線変更時にドライバーが目視できない車両を検知すると、検知した側のドアミラーに小さな警告ライトが点灯します。

さらに、自動的にステアリングホイールを制御して、接近する車両から安全に離れるようにアシストしてくれます。

リバーストラフィックディテクションは、駐車スペースなどからバックで出向する際に、左右両側から接近してくる車両や歩行者を検知してドライバーに警告します。

音声とスクリーンの表示でドライバーに注意を促すため、視界が遮られている場合でも後方の状況を確認できます。

アクティブクルーズコントロール(キューアシスト付)

高速道路などを走行中にアクティブクルーズコントロールを作動させると、自動的に走行速度を調整し先行車との車間距離を維持します。

そして前方に車両がいなくなると、設定速度で走行を再開。

先行車が渋滞などで完全に停車すると、キューアシスト機能が作動してスムーズに停車します。

また先行車が動き出すと、アクセルペダルに軽く触れるだけで先行車との安全な距離を保ちながら走行します。

フロント&リアパーキングエイド

フロント&リアパーキングエイドは、安全で快適な操作をサポートするシステムです。

ギアをリバースに入れるか手動でシステムをオンにすると、フロントバンパーとリアバンパーに設置したセンサーが作動し、タッチスクリーンの表示と音で障害物との距離を確認できます。

ここで紹介した機能は、すべてジャガーXFスポーツブレイクの全てのグレードに標準装備となっています。

ですが、運転支援システムはメルセデス ベンツEクラスといった同じEセグメントのライバル車種の方が充実しており、この点ではライバル車種の方が優れていると言えるでしょう。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ