スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)のラゲッジルームの広さはどれぐらい?

スズキ 3代目MRワゴン

今回は、スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)のラゲッジルーム(荷室)の広さについて調べてみました。

3代目MRワゴンは、2011年から5年間、スズキから発売されていた軽自動車です。現在は中古車で手に入る3代目MRワゴンですが、そのラゲッジルームの広さは、普通の軽自動車よりも広く感じさせていることがわかりました。

では、3代目MRワゴンのラゲッジルームの広さはいかなるものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

スズキ 3代目MRワゴンのシートアレンジは?

一般的にはどんなクルマでもシートアレンジが用意されています。

スズキ 3代目MRワゴンは、リアシートを完全に倒してしまうことで、ラゲッジルームを広くすることができます。このとき注目したいのは、ラゲッジルームがほぼフラットであることです。

一般的なクルマでは、リアシートを倒しただけではなかなかフラットにはなりません。しかし、3代目MRワゴンはダブルフォールディングリアシート機構を採用したことにより、これを実現したのです。

また、助手席も倒し切ることが可能です。リアシートと助手席を倒し切ることで生まれる、室内長2,120mmの空間は、多少大きなものでも難なく載せることができるようになります。

もちろん、必要に応じてリアシートは左右どちらかだけを倒して使うこともできます。荷物の大きさや量によって使い分けられるシートアレンジで、普段使いからアウトドアまで幅広く活躍できるのです。

ラゲッジルームを確保するために、わざわざリアシートを詰める必要もなく、大きなものを載せるときも不便にならないように工夫が施されたのが3代目MRワゴンなのです。ラゲッジルームの広さも重要ですが、アレンジ次第でどんなシーンでも活躍できるそのポテンシャルの高さは、注目に値しますね。

スズキ 3代目MRワゴンのラゲッジルームの広さやシートアレンジについてご紹介しました。

クルマを買うときのポイントのひとつである、ラゲッジルームの広さと、それを拡張するシートアレンジ機能が非常に高いことがわかりました。軽自動車だからどれも変わらないと思わず、見た目も、走りも、そしてラゲッジルームの機能も追求したい人に、ぜひおすすめしたい1台なのです。

現在でも中古車として手に入れることができます。クルマの購入を検討している人は、候補に3代目MRワゴンを追加していてはいかがでしょうか。

※ 2021年4月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道