スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)の便利なオプションを紹介

MRワゴン

スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)の便利なオプションについてご紹介します。

3代目MRワゴンは、2011年~2016年までにスズキから製造、販売されていた軽トールワゴン車です。

低燃費、広い車内空間、個性のあるデザインが特徴的で、性別を問わず若い世代に人気を集めていました。

3代目MRワゴンにはどのようなオプションがあったのでしょうか?

Chapter
スズキ 3代目MRワゴンの特徴
スズキ 3代目MRワゴンのエクステリアオプション
スズキ 3代目MRワゴンの実用性の高いインテリアオプション

スズキ 3代目MRワゴンの特徴

スズキ 3代目MRワゴンは、「L」「X」の全部で2つのラインアップがされていました。

性別を問わず若い世代に人気を集めていた3代目MRワゴンは、個性的なエクステリア(外装)で ロングルーフとロングキャビンを採用したことで、広々とした車内空間を実現しました。

ボディカラーは全6色とカラーバリエーションも豊富なため、個性を発揮したい若者には嬉しいポイントです。

インテリア(内装)は、シンプルでモダン調な、くつろげる自分の空間をイメージした内装となっています。

インテリアの雰囲気にも重要となるインパネは、車内側面までシンプルで清潔感のある白色のイ ンパネガーニッシュが装着されています。

また、インパネのカラーには白と黒のシンプルなデザインを採用し、シートやドアトリムは茶色に することで、温かみがありつつ、モダンな雰囲気が特徴的です。

3代目MRワゴンのこだわりは外内装だけではなく、エンジンにもこだわっており燃費や静粛性の 高い部分も特徴的です。

スズキの新世代エンジンR06A型エンジンを搭載しており、燃費は2WD(2輪駆動)車で30.0km/L 、4WD(4輪駆動)車でも28.4km/Lと高い燃費性能となっています。

タイヤ幅は狭めて外径を大きくしたことで、小回りがしやすく、静粛性や燃費、乗り心地が良いクルマとなっており、快適なトライビングを楽しむことができます。

スズキ 3代目MRワゴンのエクステリアオプション

スズキ 3代目MRワゴンにはさまざまなオプションが用意されております。まずは、クルマの顔とも なるエクステリアのオプションについてご紹介します。

クルマの印象が決まるヘッドライト部分には、ヘッドランプガーニッシュをつけることで、シンプル でスタイリッシュな印象に変身させます。カラーバリエーションは豊富な8色です。

フロントグリルをメッキに変更することで、力強く、カッコ良いスタイルに変身するため、男性には 嬉しいポイントでしょう。

ドアミラーカバーは、LEDサイドターンランプ付きで樹脂クロームメッキを採用しているため、前方 や左右のクルマにも分かりやすく安全にウィンカーを出すことができます。

ドアハンドルガーニッシュには、ガーボン調とメッキ調の2種類が用意されており、性別問わずシ ンプルで存在感のあるドアハンドルになるでしょう。あまりこだわらない部分ですが、エクステリア 全体を見たときにパッと存在感を醸し出すこと間違いなしでしょう。

ベースキャリアを設置することも可能なため、サーフボートやスノーボード専用のアタッチメントで 積み上げることができるので、アウトドア好きには嬉しいオプションです。

<次のページに続く>
次ページ
スズキ 3代目MRワゴンの実用性の高いインテリアオプション

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道