メルセデスベンツ 2代目CLAの現行モデルとモデルチェンジ前の違いを紹介!デザイン性と機能性を両立させた1台に!

メルセデスベンツ 2代目CLA

メルセデスベンツ 2代目CLA(5BA-118384M/3DA-118312M/5BA-118347M/4BA-118351M/4BA-118354M/5BA-118684M/3DA-118612M/5BA-118647M/4BA-118651M/4BA-118654M型)は、Aクラスのプラットフォームをベースに開発されたモデルです。

4ドアクーペタイプのCLAクーペと、ステーションワゴンタイプのCLAシューティングブレイクの2つがラインアップされています。CLAクーペとCLAシューティングブレイクのそれぞれに、ワンランク上となるAMGシリーズもラインアップした注目のクラスです。

今回は、ワイド&ローでスタイリッシュなデザインが特徴の2代目CLAの特徴と魅力を、モデルチェンジ前との違いを押さえつつ紹介していきます。

Chapter
メルセデスベンツ 2代目CLAはサイズアップして余裕の居住空間が!
メルセデスベンツ 2代目CLAは全部で10の豊富なラインアップが!
メルセデスベンツ 2代目CLAには最先端のインテリジェントドライブを搭載!

メルセデスベンツ 2代目CLAはサイズアップして余裕の居住空間が!

メルセデスベンツ 2代目CLAは初代CLAと比較して、車体のサイズが大きくなっており、車内に開放感を感じる余裕のある居住空間を作り出しています。

2代目CLAの車両サイズは、全長4,690mm×全幅1,830mm×全高1,430mm、ホイールベース2,730mmです。

初代CLAは全長4,670mm×全幅1,780mm×全高1430mm、ホイールベース2,700mmとなっています。全長にして20mm長くなり、全幅は50mmもワイドに、ホイールベースは30mm伸びています。

サイズアップによる室内空間の確保だけでなく、人間工学に基づいたシートを採用して乗員の疲労軽減をサポート、リアシート(後席)のエルボールームとショルダールームがさらに広くなって、居住性を高め、長距離ドライブでも快適な移動が可能です。

シンプルで美しいディスプレイや先進的なデザインのダッシュボードなどの機能も見逃せません。センターに配置されたディスプレイのタッチスクリーンとタッチパッドでは、すべての機能を指先ひとつでスマートフォンのように直観的、かつスマートに操作ができます。

メルセデスベンツ 2代目CLAは全部で10の豊富なラインアップが!

メルセデスベンツ 2代目CLAには豊富なラインアップが用意されています。

4ドアクーペタイプのCLAクーペでは「CLA 180」「CLA 200 d」「CLA 250 4MATIC」「Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC」「Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+」の5つのグレードを用意しています。

ステーションワゴンタイプのCLAシューティングブレイクでも同様に「CLA 180 Shooting Brake」「CLA 200 d Shooting Brake」「CLA 250 4MATIC Shooting Brake」「Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC Shooting Brake」「Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+ Shooting Brake」の5つのグレードがあります。

2代目CLAのエンジンは全部で3種類を採用しています。新開発の1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジン、パワーと環境性能を高レベルで両立する2.0L 直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジン、瞬時に溢れ出すパワーと高度な環境性能を両立する2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンをそれぞれのグレードに搭載しています。

駆動システムについてはFF(前輪駆動)と、メルセデスベンツの4WD(4輪駆動)システムとなる4MATICの2つを採用しています。瞬時のギアチェンジを実現するデュアルクラッチトランスミッションの搭載で、シフトチェンジがよりスムーズに行われ、クイックでスポーティなドライビングを楽しめます。

ガソリンモデルには7速AT、ディーゼルモデルにはよりスムーズで高効率な8速ATが設定されているのが特徴です。

<次のページに続く>
次ページ
メルセデスベンツ 2代目CLAには最先端のインテリジェントドライブを搭載!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道|よしだ つねみち