マセラティ 3代目ギブリ(MG30C/MG30D/MG30A/MG30AA型)の荷室の広さはどれぐらい?

マセラティ ギブリはイタリアの老舗カーメーカーであるマセラティが自信を持って送り込んだ高級4ドアセダンです。初代ギブリは2シーターのクーペ、2代目ギブリは4人乗りタイプのクーペでした。高級感溢れる4ドアセダンへと進化したマセラティ 3代目ギブリ(MG30C/MG30D/MG30A/MG30AA型)ですが、ラゲッジルーム(荷室)も進化しているのでしょうか?

この記事では3代目ギブリの特徴を紹介し、初代や2代目との違いについて解説します。ラゲッジルームの広さや使い勝手についても確認していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

Chapter
マセラティ ギブリとは?
マセラティ 3代目ギブリの荷室は?
マセラティ 3代目ギブリの荷室は使い勝手が良い!

マセラティ ギブリとは?

マセラティ ギブリの初代、2代目、3代目は見た目もタイプも大きく異なります。クルマに興味がない人がこの3台を見たとしたら、同じ名前を持つ車種だとは分からないことでしょう。タイプが異なる3台ですが、3本の矢であるトライセンドをシンボルとしたマセラティの精神は確実に受け継がれています。

初代ギブリは1966年に誕生した2シーターのクーペです。イタリアの有名デザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ氏がデザインしたロングノーズでファストバックスタイルのエクステリア(外装)が特徴的な1台で、今でもスーパーカーとして車好きから人気を集めています。

2代目ギブリはノッチバックスタイルを採用しており、初代と見た目が大きく異なる4人乗りの2ドアクーペです。インテリア(内装)にはレザーやウッドトリムが使われており、スポーツカーの要素を含みつつ快適性にも配慮された1台でした。

マセラティ 3代目ギブリは5人乗りの4ドアセダンとしてギブリの名前を引き継いでいます。最高級モデルである「ギブリ S Q4」は最高速度286km/hを実現し、走る喜びを肌で感じられる1台です。

インテリアも徹底的にこだわりぬかれており、各シートのヘッドレストには、マセラティのシンボルであるトライセンドの刺繍が施されています。乗る人全てが優越感を味わえる1台です。

マセラティ 3代目ギブリの荷室は?

マセラティ 3代目ギブリのハッチバックドアを開けると、500Lのラゲッジルームが現れます。ハッチバックドアは左右のガススプリングによって半自動で開閉可能です。ラゲッジルームの下部にはスペアタイヤなどの応急キットも格納されており、何かトラブルが起こった際にも安心して対応ができそうです。

3代目ギブリのラゲッジルームにはサイドポケットに小物などを置ける収納スペースが配置されています。開口部はそこまで広くはなく、ゴルフバッグを横にして積むことは難しいかもしれません。

リヤシート(後席)は60:40の可倒式シートになっています。リヤシートを倒すことによって、ラゲッジルームの容量を大きくすることが可能です。ラゲッジルーム自体の奥行きも広いので、リヤシートさえ倒せば、ゴルフバッグを縦にして積むこともできるようになります。

マセラティ 3代目ギブリの荷室は使い勝手が良い!

マセラティ 3代目ギブリのラゲッジルームの最大の特徴は奥行きが広く、500Lと大容量だということです。これはライバル車であるBMW 7シリーズやメルセデス・ベンツ Sクラスとも遜色無いレベルといえます。7シリーズのラゲッジルーム容量は515L、Sクラスは510Lです。

3代目ギブリのラゲッジルームはフラットな構造となっており、載せる荷物を選びません。前述した様にハッチバックドアも楽々と開けることができるため、片手に荷物を持ちながらでも難なく積み込みすることが可能です。シンプルで非常に使い勝手が良いラゲッジルームだといえるでしょう。

また3代目ギブリのリヤシートは60:40の可倒式シートとなっており、倒すことによりラゲッジルームが更に広がります。ゴルフバックや釣り竿、スキー用品などの長尺な荷物も載せることができるようになり、実用的な作りといえるでしょう。

マセラティ 3代目ギブリは1966年の誕生以来、マセラティの情熱と伝統を受け継ぎながら進化を遂げてきました。走行性能はもちろんのこと、ラグジュアリーな乗り心地と実用性を兼ねそろえたのが3代目ギブリです。

さらに、ラゲッジルームは大容量で使い勝手が良く、長尺や大きな荷物を楽々と収納できます。走ることだけでなく、インテリアやラゲッジルームにもこだわりが行き届いたマセラティ ギブリを体験してみるのは如何でしょう?

※ 2021年2月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK