MINI 3代目MINIの5つのモデルを徹底比較!3ドア「COOPER」でおすすめグレードはどれだ⁉

3代目MINI

コンパクトなボディと独創的なデザインで幅広い世代から注目を集めるMINI。

もともとは英国の自動車メーカー「ローバー」のクルマでしたが、2001年からはドイツ・BMWのブランドとして生まれ変わり、2006年、2013年にフルモデルチェンジを行い、現在は3代目MINI(XR15MW/XY15MW/XR20MW/XY20MW/XU15MW/XV15MW/XU20MW/XV20MW/WJ15MW/WJ20MW/LV15M/BB20M/LV20M/42BT20/22BS15型)が販売されています。

今回はそんな3代目MINIのグレードについて紹介していきます。

Chapter
MINI 3代目MINI 3ドア【価格:267万円~】
MINI 3代目MINI 5ドア【価格:284万円~】
MINI 3代目MINI コンバーチブル【価格:381万円~】
MINI 3代目MINI クラブマン【価格:335万円~】
MINI 3代目MINI クロスオーバー【価格:430万円〜】

MINI 3代目MINI 3ドア【価格:267万円~】

3代目MINIのなかでもっとも標準的なモデルが「3ドア」です。

歴代MINIに見られるコンパクトなエクステリア(外装)を備え、「ゴーカート」とも形容される軽妙なハンドリングを楽しめるMINIらしさが凝縮されたモデルとも言えます。実際にボディーサイズは全長3,835mm×全幅1,725mm×全高1,430mmと小さく、乗車定員も4名と同クラスの国産コンパクトカーよりも少なくなっています。

一方でインテリア(内装)では独特なデザインのインストルメントパネル(インパネ)やペダル類など他メーカーでは見られない演出がなされ、個性的な仕上がりとなっています。

また、多彩なグレード展開も3ドアの魅力の1つとなっています。

もっともシンプルな「ONE」、ブラック塗装のルーフやミラーを選択できる「COOPER」、ハイパワーな「COOPER S」、そしてスポーツカーのように仕立てられた「JCW」など、同じボディーでありながら異なるキャラクターを楽しめるラインナップとなっています。

さらに、ディーゼルエンジンを搭載した「COOPER D」や「COOPER SD」が設定されているのも見逃せないポイントと言えるでしょう。

価格は「ONE」が267万円、「COOPER」が323万円、「COOPER S」が390万円。ディーゼルエンジンモデルの「COOPER D」が336万円、「COOPER SD」が403万円。そして「JCW」が470万円と、各グレードに価格差があることも特徴となっています。

MINI 3代目MINI 5ドア【価格:284万円~】

「5ドア」は、「3ドア」のボディーを拡大させたモデルです。

全長は4,000mmまで延長されましたが全幅と全高は「3ドア」と同サイズを維持。ボディーサイズが拡大されたことで乗車定員が5名となり、トランク容量も278Lに増加するなど日常的な使い勝手に配慮しつつも歴代MINIらしいスタイリングとハンドリングを楽しめる1台となっています。

また、グレードも「JCW」の設定が無い以外は3ドアと同様で、ガソリンエンジンの「ONE」、「COOPER」、「COOPER S」。そしてディーゼルエンジンの「COOPER D」、「COOPER SD」がラインナップされています。

価格は「ONE」が284万円、「COOPER」が340万円、「COOPER S」が407万円。そして「COOPER D」が353万円、「COOPER SD」が420万円となっています。

<次のページに続く>
次ページ
MINI 3代目MINI コンバーチブル【価格:381万円~】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道