メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラス(3DA-463349/3BA-463260/3BA-463276型)の後部座席の使い勝手はいかに!?

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラス(3DA-463349/3BA-463260/3BA-463276型)はオフローダーとしての優秀な走行性能を誇りながら、G manufaktur programで自身の個性や特徴を大いに魅せることが出来るクルマです。

たくましいだけでなくインテリア(内装)にもおしゃれさと利便性を兼ね備えた2代目AMG Gクラスのリアシート(後席)の使い勝手はどうなのかをご紹介します。

Chapter
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの室内空間は広々!
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのシートの特徴や操作方法
メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのリアシートはオプションでさらに快適に!

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの室内空間は広々!

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスは全長4,660〜4,665mm×全幅1,930〜1,985mm×全高1,975mmでホイールベースが2,890mmという車体サイズの5人乗りなので、室内空間はゆとりのある設計になっており、リアシートでは初代AMG Gクラスよりもショルダールーム、エルボールーム、レッグルームにおいて拡大されています。

リアシート中央のシートはシートバックレスト部を引き出すことで、2つのドリンクホルダーがついたアームレストになります。

そしてフロントのアームレスト後方には、リアシート用のエアコンの送風口と温度調節がついています。アクセサリーソケットとUSBポートが小さなポケットと共に収納されているのも嬉しい点でしょう。

さらに、エアコンの送風口はフロントアームレスト後方だけでなく、フロントシート(前席)とリアシートの間のセンターピラーにも設置されています。後席にはシートヒーターが標準装備となっているので、空調面を含めて、充分な快適さが確保されていると言えます。

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのシートの特徴や操作方法

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのリアシートは3人乗り仕様となっていますが、座席の組み合わせとしては2:1の比率になっています。リアシートの乗員が1人で、荷物も載せる必要があるといったときは、センターアームレストは利用することを考えて、1人用のシートを可倒してラゲッジルーム(荷室)の拡張を行うことで、より利便性が高まるでしょう。

ただし、その際のリアシートの可倒が、少しだけ手間が掛かる作業となっています。レバー操作ひとつの作業で可倒出来るクルマが多いですが、2代目AMG Gクラスはシートクッションとシートバックレストを別々に操作する必要があります。

先にシートクッション外側にあるストラップを引き上げながら、前方のレッグスペースに入れ込むように起こし、その後改めてシートバックレスト下にあるレバーを引き上げることでシートを完全に前方に倒すことが出来ます。

シートは2:1の比率になっているので、重量もそれなりにあり、作業を行う際は注意を払う必要があります。また、ラゲッジルーム側からの操作が出来ない点も注意が必要でしょう。


容量1,941Lにもなる広々としたラゲッジルームを確保することができるので、シーンを選ばず活躍してくれるでしょう。

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスのリアシートはオプションでさらに快適に!

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラス後部座席の使い勝手はオプション品を取り入れることでさらに便利で快適になります。そのひとつにコンフォートシステムがあります。取り付けも非常に簡単で、ヘッドレストを少し上昇させた隙間にまずはベースエレメントを装着します。

このベースエレメントに色々なアタッチメントを付け替えて使用します。アタッチメントには、バッグなどを掛ける小型フックに、上着を掛けるハンガーや、収納式のドリンクホルダーがついた折りたたみテーブルもあります。

その他にも、タブレットを固定できるタブレットホルダーなどが用意されています。アタッチメントはそれぞれ別売りとなっているので、自分に必要な物だけを選んで買うことが出来ます。


その他の後部座席の快適アイテムとして、天井に設置するフリップダウンタイプの11.6型のワイドXGAモニターといったリアエンターテインメントシステムなどがあります。

メルセデス・ベンツ 2代目AMG Gクラスの広々としたゆとりのある空間は大きな特徴です。また、その特徴を最大限活かすための機能やオプションがしっかりと準備してあり、ドライバーだけでなくリアシートに乗る人たちも楽しめる空間作りといった配慮がされている1台となっています。

※ 2020年12月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK