プジョー 2代目5008(P875G06/P87AH01)の現行モデルとモデルチェンジ前の違い

現行モデルのプジョー 5008は2代目となります。コンセプト変更による走行性能の変化や、機器の性能による進化などがあり、特に安全性能面においては目覚ましい発達をしています。そこで今回は、現行モデルであるプジョー 2代目5008(P875G06/P87AH01)がモデルチェンジするにあたって、初代5008からどのような変化があったのかをご紹介します。

Chapter
プジョー 2代目5008のモデルチェンジによる変化点
プジョー 2代目5008の進化した性能
プジョー 2代目5008の追加された性能

プジョー 2代目5008のモデルチェンジによる変化点

プジョー 2代目5008は7人乗りSUVというスタイルで2017年に発売されましたが、初代5008はミニバンというスタイルでした。ただし、ミニバンに変わったと言っても車体サイズは全長110mm、全幅5mm、全高10mm程、2代目5008の方が大きくなっています。

そして全長に伴ってホイールベースが105mm広くなっており、これにより最小回転半径が5.6mだったのが5.8mになってはしまいましたが、その分、乗り心地のへの改善とラゲッジルーム(荷室)の大容量の空間という大きなメリットを作り出すことに成功しています。

また、純正ホイールでは初代「プレミアム」では16インチ、「シエロ」では17インチだったのが2代目5008では18インチと変更されています。

プジョー 2代目5008の進化した性能

プジョー 2代目5008の変化点はまだまだあります。ここでは性能の進化による変化ということで紹介をしていきます。

ミニバンからSUVへの転身ということで、気になるのはやはり走行能力だと思います。2代目5008ではまず、アルミニウムや超高張力鋼板の使用によって、強くて軽いを実現したEMP2プラットフォームが採用されています。このEMP2プラットフォームの採用により、加速性に加えハンドリング性能をも良くし、さらには燃費の向上もしています。

さらに、2代目5008ではパワートレインも進化しています。1.6Lエンジンではダイレクトインジェクションやツインスクロールターボチャージャーといった先進のテクノロジーを搭載したことにより、初代5008では最高出力が156psだったのに対して、2代目5008では180psまで向上しています。

また、新設された2.0Lではプジョー最先端のクリーンテクノロジーを搭載したディーゼルエンジンが採用され、パワーはもちろん、同レベルのエンジンよりもCO2排出量や燃費消費量が優れたエンジンとなっています。

両エンジン共に低回転時のトルクとパワーが大きな特性ですが、この新エンジンを活かすために搭載されたEAT8(8速オートマチックトランスミッション)が低回転時のトルクを全速度域に伝えることで、エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出しています。

そして、プジョー独自のコクピットデザインであるi-Cockpitも現代技術を取り入れた進化をしています。特に8インチタッチスクリーンではオーディオナビやエアコン操作をはじめ、香りやオーディオトーン、照明の設定変更で室内の雰囲気を変えるi-Cockpitアンプリファイといった機能など、様々な操作も可能になっています。

また、スマホと接続することでタッチスクリーンでアプリを操作することが可能になるミラースクリーンといった機能もあり、機能性の向上と共に運転の楽しみ方の幅が広がっています。

プジョー 2代目5008の追加された性能

基本的には進化や変化がメインですが、モデルチェンジにあたって追加されたものとして、SUVとしての走行能力に磨きをかけてくれる機能であるアドバンスドグリップコントロールがあります。これは悪路に対してスイッチひとつで駆動輪の自動制御をしてくれる優れた機能です。

また、CO2排出量を減らしたり、燃費を向上させるといったアイドリングストップ機能もあります。

そして、時代背景や技術の向上に伴って追加されたのが安全性能です。衝突を回避するための警報や自動ブレーキ、最近では後方の危険も察知出来るようになっています。このように安全性能は今や搭載が当たり前の時代で、日々進化をしており、2代目にモデルチェンジした後も何度か更新を重ねています。

今回は大きな変化部分を紹介しましたが、もちろん小さなことも含めて挙げるとまだまだいいところがあります。モデルチェンジは基本的に数年越しに行われます。

プジョー5008を見てもわかるとおり、その数年だけで走行能力や安全性能など、いろんな技術の進歩があるので、モデルチェンジのタイミングで購入を検討の際は、どのような変化があったのかはしっかりと把握する必要があります。

※ 2020年12月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK