プジョー 2代目5008(P875G06/P87AH01)の収納機能は利便性が抜群!

プジョー 2代目5008

※この記事には広告が含まれます

使い勝手の良さが進化したi-Cockpitで、運転の楽しさを感じさせてくれるプジョー 2代目5008(P875G06/P87AH01)ですが、収納機能に対しての配慮はどうなっているのでしょうか。

7人乗りSUVという限られたスぺースの中で、各シート周辺とラゲッジルーム(荷室)において、どのような収納の工夫がされているのかをご紹介します。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
プジョー 2代目5008のフロントシート(前席)の収納は使いやすい!
プジョー 2代目5008のリアシート(後席)には便利なテーブルが付いている!
プジョー 2代目5008のラゲッジルームの隠れた収納機能!

プジョー 2代目5008のフロントシート(前席)の収納は使いやすい!

おしゃれさに目が行きがちですが、プジョー 2代目5008はフロントシートにおいて、しっかりとした収納機能が備わっています。

フロントドアを開いてまず目につくのがドア下にあるポケットです。ペットボトルをナナメに入れるような形状のドリンクホルダーが前方にあり、そこから後ろにかけて物を入れれるように大きめの作りとなっています。

通常のドリンクホルダーは両サイドではなく、中央のセンターコンソールに運転席用と助手席用が連なって設置されています。また、そのセンターコンソールには収納スペースが集まっていますので、まとめてご紹介します。

ドリンクホルダー後方にはフロントセンターアームレストが設置されていますが、開き方が一般的なものと違い、観音開き仕様となっています。中には取外し可能な小物置きトレーがありますが、その下には大容量の収納空間が用意されています。

深さもさながら、ドリンクホルダー下に掛けてのスペースも利用してあるのでティッシュの箱をひとつ入れてもまだまだ余裕があります。

さらに、シフトレバーの左隣に小物を入れるポケットも用意されており、スマートキー2つ分程度のスペースも確保されています。トグルスイッチの並んでいる下のセンターコンソール先端には、小物が置けるスペースがあり、その奥にはアクセサリーソケットが設置されています。

ちなみにこの小物置きは、非接触充電が可能なQi仕様となっているので、Qi充電に対応した端末専用の置き場となるのではないでしょうか。サイズ的には500mlのペットボトルを2~3本入れれるくらい大きめに設計されており、助手席側面は貫通していません。

また、助手席前にグローブボックスが設置はされていますが、ここは狭い作りになっているので大容量とは言えないでしょう。

プジョー 2代目5008のリアシート(後席)には便利なテーブルが付いている!

リアシート側での収納は、まずはフロントドア同様にポケットがドア下にありますが、こちらにはドリンクホルダーはありません。その代わりにフロントシートバックテーブルという簡易的なテーブルがフロントシート裏上部に設置されています。

ただし、こちらにもドリンクホルダーはありませんので、安定性といった面ではあまり期待は出来ません。

その他にはセカンドシート用であれば、フロントシート裏の下部にネット式のポケットが運転席、助手席にそれぞれ備わっており、サードシート用には運転席側のみドリンクホルダーが設置されています。

プジョー 2代目5008のラゲッジルームの隠れた収納機能!

プジョー 2代目5008ではサードシートを折りたたんで格納することで、ラゲッジルームを確保することができ、かなりの広さが用意されています。

同じ7人乗りSUVのマツダ CX-8は2代目5008よりも全長が260mm、全高では80mm大きく、その室内サイズは室内長2,690mm、室内幅1,540mm、室内高1,250mmで、サードシートを倒した状態のラゲッジルーム容量は572リットルとなっています。

車体のサイズで引けを取る2代目5008ですが、同条件で比較しても702Lと、圧倒した空間の広さを誇っています。テールゲートの開口部右側面にも小さなポケットがあり、開口部自体は広くて低い位置に設計されていますので、大変使い勝手良く出来ています。

また、サードシートはワンタッチで取外しが可能ですので、シートが格納されていた空間がそのままアンダーラゲッジの役割を果たすことが出来ます。
プジョー 2代目5008の収納は、空いたスペースを有効的に使うといった印象の設計になっており、フロントシートはそれに加えて高級感を損ねないようなデザインとなっています。セカンドシートやサードシートでは多少物足りなさは感じるものの、それを補うようなラゲッジルームの使い勝手の良さが自慢のクルマでしょう。

※ 2020年12月現在

商品詳細