ホンダ 新型N-ONEにFFターボMTモデル「RS」がラインナップ!ATも価格は同じだけど支払総額は微妙に違う!?実際に見積もりを取ってみた!

ホンダ・新型N-ONE

2020年11月19日にフルモデルチェンジしたホンダ 新型N-ONEの支払総額はいくらになるのでしょうか?

新型N-ONEはフルモデルチェンジ前の初代N-ONEと同様に個性的なエクステリア(外装)デザインとなっていますが、シルエットはほとんど変わっていないように見えます。今回は、そんな新型N-ONEのなかでも注目のFFターボモデル「RS」のMTとATの見積もりを取ってみました。

Chapter
ホンダ 新型N-ONEはどんなクルマ?
ホンダ 新型N-ONEの注目グレード「RS」とは?
ホンダ 新型N-ONE「RS」はMT方がやや高い?
ホンダ 新型N-ONE「RS」の支払総額は258万3866万円!

ホンダ 新型N-ONEはどんなクルマ?

ホンダ 新型N-ONEは2012年に登場したホンダ 初代N-ONEの2代目にあたるクルマですが、エクステリアデザインは初代N-ONEとほぼ同じとなっています。

N-ONEは、もともと1967年に登場した「Nシリーズ」の原点とされるホンダ N360を現代的にオマージュしたクルマとされ、新型N-ONEもフルモデルチェンジにあたっては「人間のためのスペースを最大にしつつ、機械のスペースは最小限に収める」というN-360から継承されている「M・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想)」が反映され、センタータンクレイアウトなどホンダ独自の設計思想が取り入れられています。

ホンダ 新型N-ONEの注目グレード「RS」とは?

なかでも、ホンダ 新型N-ONEとなって新たにラインナップされたターボエンジングレード「RS」は注目の1台となっています。

「RS」はN-ONEとしては初となる6速MT(マニュアルトランスミッション)を搭載し、エンジンはターボチャージャーを装着。最高出力47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルク104Nm(10.6kgm)/2,600rpmを発生するハイパワーユニットが奢られています。

これはホンダ S660と同じスペックで、あるホンダ販売店のスタッフは「パワートレインはS660と同じもので、それをそのまま使っています」と話していることから、高いポテンシャルを秘めていることが伺えます。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 新型N-ONE「RS」はMT方がやや高い?