X1やGLA、Q3など300万円台で購入可能なSUV…どれが買いなのか?

A1

先日BMWのコンパクトSUVのX1がフルモデルチェンジされました。メルセデスの同クラスのGLAも昨年デビューしたばかり。ドイツの高級車メーカーの両雄が力を入れるコンパクトラグジュアリーSUVがここ数年世界的に賑わっています。今回は300万円台で購入できるラグジュアリーSUVをこの2車とあわせて、比較していきます。

Chapter
そもそもコンパクトラグジュアリーSUVってどんな車?
コンパクトラグジュアリーSUVって例えば...?
では300万台で購入できるコストパフォーマンスの高い車種はどれでしょうか?

そもそもコンパクトラグジュアリーSUVってどんな車?

コンパクトラグジュアリーSUVとはそのままですが、コンパクトラグジュアリー車とラグジュアリーSUVを掛けあわせた車です。

コンパクトでラグジュアリーな車とは、環境のためにダウンサイジングした車体に、これまでの高級さを組み合わせた車といえるでしょう。例えば、新ミニ、アウディA1やA3、BMWの1シリーズ、メルセデスのAクラス、アルファロメオのMiToあたりが思いつきます。

また、ラグジュアリーなSUVとは、トヨタハリアーを先駆者としSUVに高級さを組み合わせた車。例えば、BMWのX5、メルセデスのGL、ポルシェのカイエンといった1000万を超えるスーパーな車たちがラグジュアリーなSUVです。コンパクトでラグジュアリーな車、ラグジュアリーなSUVとも世界的に人気がありますから、これら2つが掛け合わさった車が人気にならないわけがないですね。ちなみに、BMWとメルセデスはこの掛け算、非常にわかりやすく成り立っています。

BMWの1 × X5=X1
メルセデスのA × GL=GLA

コンパクトラグジュアリーSUVって例えば...?

コンパクトラグジュアリーSUVには実際にどんな車種があるのでしょうか?

BMWのX1、メルセデスのGLA、ミニクロスオーバー、アウディのQ3、レクサスのNX、マツダのCX-3あたりが該当しますよね。また、FIATの500Xと兄弟車のジープレネゲード、レンジローバーイヴォーク、まだ市販されていませんが、インフィニティのQX30も該当するかと思います。

当てはまる車が多数ありますので、各車を比較したいと思います。「ラグジュアリー」の観点は人の感性による部分が多いので、今回は「コンパクト」の観点で各車の全長と全幅で比較してみました。全長が短い順にソートしています。

ミニクロスオーバー 4105x1790
FIAT 500X 4250x1795
ジープ レネゲード 4255x1805
マツダ CX-3 4275x1765
レンジローバー イヴォーク 4355x1900
メルセデス GLA 4430x1805
アウディ Q3 4400x1830
BMW X1 4455x1820

【参考】
トヨタ プリウス 4480x1745
レクサス NX 4630x1845
ちなみにポルシェ マカン 4680x1925

思いの外、X1とGLAが長く幅がありますが、プリウスよりも短い。大きく見えてたイヴォークは幅はかなりありますが全長はそうでもない。「コンパクト」の観点だと、NX、マカンは、コンパクトではないですね。

<次のページに続く>
次ページ
では300万台で購入できるコストパフォーマンスの高い車種はどれでしょうか?
商品詳細