日産 3代目エクストレイル(T32/NT32/HT32/HNT32型)の10のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!!

日産 3代目エクストレイル

初代エクストレイルが2000年に登場して以来、SUVを牽引してきたエクストレイルは3代目となっても高い人気を誇るモデルです。そして2020年10月に一部仕様変更を行い、新たに販売が開始されます。

そこで日産 3代目エクストレイル(T32/NT32/HT32/HNT32型)の2020年マイナーチェンジ後のモデルはどのようなグレード構成になっているのか、ひとつひとつ詳しく解説します。

日産 3代目エクストレイル 20Xi HYBRID【価格:341万4,400円~】

「20Xi HYBRID」は、「20Xi/20Xi Vセレクション」をハイブリッドにしたモデルです。

インテリアは、防水加工フロアが標準装備ですが、ラゲッジがカーペットフロアになっていることと、フロアもカーペットインテリアとシートを防水シートからクロスシート(シート地:織物/トリコット)にオプションで変更することが可能です。

基本的にガソリンモデルのXiと変わりがありませんが、エクステリアデザインでの違いは、17インチアルミホイールになる事と、ハイブリッド専用エンブレムが装着されることです。

価格は341万4,400円~と「20Xi/20Xi Vセレクション」に比べると25万3,000円高い価格設定です。

日産 3代目エクストレイル 20Xi HYBRID レザーエディション【価格:361万2,400円~】

「20Xi HYBRID レザーエディション」は、「20Xi HYBRID」に高級感ある装備を与えたモデルです。

車内の防水加工はされず、シートにはタンレザーとブラックレザーを選べるほか、フロアもカーペットとなり高級感を高めています。

価格は361万2,400円~と「20Xi HYBRID」に比べて19万8,000円高い価格設定です。

<次のページに続く>
次ページ
日産 3代目エクストレイル 20Xi Vセレクション エクストリーマーX【価格:341万1,000円~】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道