日産 新型エクストレイルのインテリア(内装)と荷室をチェック【プロ徹底解説】

日産 エクストレイル

現行型エクストレイルはインテリアにおいても外観と同様に、タフさと上質な心地よさを兼ね備えたデザインを目指しました。

コンソール部分を宙に浮かせたブリッジ構造のセンターコンソールには、ラージサイズのカップホルダーを用意し、コンソール下にはティッシュボックスやひざ掛けなどが収納できるなど高い利便性も実現しています。

ここでは、現行型エクストレイルのインテリアについて紹介しましょう。

文・写真/萩原 文博

Chapter
インパネの特徴
運転席のレビュー
助手席の快適性について
後部座席の広さや快適性について
荷室の広さについて

インパネの特徴

現行型エクストレイルのインテリアでタフさを表現しているのは、水平基調で骨太な骨格のインストルメントパネルです。

そのインストルメントパネルが 外へ向かって広がっていく開放感と、ステッチを施したソフトパッドの合皮のラッピングに包まれる安心感により、ゆったりとしたドライビングを楽しめる空間が演出されています。

運転席のレビュー

現行型エクストレイルのインテリアデザインは、SUVでありながらも、まるで高級ラウンジにいるようなプレミアム感あふれる上質な空間を追求しています。

その中でも最大の特徴となるこのブリッジタイプのセンターコンソールには、精巧に施されたダブルステッチや、全グレード標準設定となる電気信号式のシフトレバーにより電動化の雰囲気を感じることができます。

メーターパネルには12.3インチのフルTFTメーター。さらに、センターパネルにも12.3インチのディスプレイを配置。さらに大画面のヘッドアップディスプレイにより視認性と先進性を両立させています。

ドライブモードスイッチに代表されるピアノブラック塗装とピンストライプのマットクロームで統一された全てのパーツ類により、ハーモナイズされた心地よい空間でドライビングを楽しめます。

助手席の快適性について

現行型エクストレイルのシート表皮には、水しぶきを浴びてもさっと拭き取れ、汚れを気にせず使用できる防水シートには、日本の伝統的な織物のパターンが施され、風情を感じることもできるのが特徴です。

後部座席の広さや快適性について

現行型エクストレイルで大幅に改善されたのはリアシートの快適性です。リアドアは優れた乗降性を実現するために、90°開き広いドア開口部を実現しています。さらに、リアガラスには強い日差しを遮るリアドアシェードも採用しました。

リアシートのスライド量は260mmと先代モデルから+20mm増えているだけで泣く、ヘッドクリアランスや膝周りの広さなどクラストップレベルの数値を実現。後席にも対応した3ゾーンエアコンによって快適性は大幅に向上しています。

荷室の広さについて

旧型モデルより、全長は−30mmの4,660mm。全高も−20mmの1,720mmとコンパクトになっていますが、荷室の開口幅は1,100mm以上。荷室長も後席を前方にスライドさせるとクラストップレベルの積載量を実現しています。

スーツケースならば104Lを2つに加えて63Lを1つ積めます。またゴルフバッグであれば9.5インチを4個積載することができ、4人でゴルフに行くことも可能です。

防水加工のほどこされたインテリアという従来のエクストレイルの魅力に加えて、液晶パネルを多用した先進性とブリッジタイプのセンターコンソールによって質感の高さを演出しています。

現行型となって大きく改善されたのが、後席の居住性。広さだけでなく、リアドアの開口部が拡大するなどホスピタリティが向上しています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博