ホンダ 2代目フリードハイブリッド(GB7/GB8型)の6つのグレードを徹底比較!おすすめの4WDグレードはこれだ!!

ホンダ・2代目フリードハイブリッド

※この記事には広告が含まれます

ホンダ フリードハイブリッドは、2008年に登場したホンダ 初代フリードのバリエーションモデルとして2011年に登場し、フリード同様のコンパクトなボディーサイズのミニバンでありながら良好な燃費を実現したクルマとして人気を集めました。

2016年にホンダ 2代目フリードへとフルモデルチェンジしたことに伴って、フリードハイブリッドはフリードへと車名を統合されましたが、今回は2代目フリードのハイブリッドモデルをホンダ 2代目フリードハイブリッド(GB7/GB8型)として、各グレードを紹介していきます。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード:HYBRID G・Honda SENSING【価格:256万1900円~】
ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード: + HYBRID G・Honda SENSING【価格:258万3900円~】
ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード: HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING【価格:278万1900円~】
ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード: + HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING【価格:280万3,900円~】
ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード: HYBRID Modulo X Honda SENSING【325万6,000円~】

ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード:HYBRID G・Honda SENSING【価格:256万1900円~】

ホンダ 2代目フリードハイブリッドのなかでもっとも価格の低いグレードとなるのが「G・Honda SENSING」です。

駆動方式はFF(前輪駆動)と4WD(4輪駆動)の2種類が用意され、FFは「6人乗り」と「7人乗り」、4WDは「6人乗り」が設定され、幅広いユーザーニーズに応えるラインナップとなっています。
さらに、ガソリンエンジンモデルの共通グレードでは省略されたLEDヘッドライトやLEDアクティブコーナリングライトが標準装備となり、ホイールキャップがハイブリッド専用デザインになるなど、単純にガソリンモデルをハイブリッド化しただけではない点が特徴的です。

価格は、FFの6人乗りが256万1,900円、7人乗りが258万3,900円。4WDは279万8,400円となっています。

ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード: + HYBRID G・Honda SENSING【価格:258万3900円~】

「+ HYBRID G・Honda SENSING」は、乗車人数が最大5人と少なくなっていますが、そのぶんラゲッジスペース(荷室)を拡大させ、旅行やアウトドアなどの用途に適した1台となっています。
また、燃費は実際の走行状況に近いとされるWLTCモード燃費でFFが20.8km/L、4WDが19.8km/Lを誇り、ガソリンエンジンモデルで共通仕様の「 + G・Honda SENSING」から2.8~3.8km/L燃費を向上させています。

価格は、FFが258万3,900円、4WDが282万400円となっており、「HYBRID G・Honda SENSING」との価格差は、最大で25万8,500円となっています。

ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード: HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING【価格:278万1900円~】

「HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING」は、SUVのような力強いエクステリア(外装)が特徴的で、フロントバンパーやホイールが専用デザインとなっています。

インテリア(内装)もクロスオーバースタイルを意識したモダンな配色が施され、普段使いからアウトドアまで幅広くこなせる1台と言えるでしょう。
価格は、FFが278万1,900円、4WDが301万8,400円で、「HYBRID G・Honda SENSING」との価格差は最大で45万6,500円となっています。

ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード: + HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING【価格:280万3,900円~】

「+ HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING」は、「HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING」の上位グレードに位置づけられています。

インテリアやエクステリアなどの主要な装備は「HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING」と共通ですが、乗車人数が6名から5名となったことで3列目シートが広いラゲッジスペースとなり、旅行やアウトドアなど大量の荷物を運ぶ用途に対応したグレードとなっています。
価格は、FFが280万3,900円、4WDが304万400円で、「HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING」との価格差は最大で25万8,500円となっています。

ホンダ 2代目フリードハイブリッドのグレード: HYBRID Modulo X Honda SENSING【325万6,000円~】

ホンダ 2代目フリードハイブリッドの最上級グレードにあたるモデルが「HYBRID Modulo X Honda SENSING」です。

他グレードに比べてスポーティーなエクステリアが特徴的で、専用形状のフロントとリヤバンパーをはじめ、フロントバンパーサイドにエアロフィン、ボディー下側にはエアロボトムフィン、エアロスロープなどの「実効空力デバイス」を装着。さらに専用のサスペンションやシートも奢られた特別なクルマとなっています。
駆動方式はFFのみで、価格は6人乗りが325万6,000円、7人乗りが327万8,000円となり、最廉価グレードの「G・Honda SENSING」に比べると、最大で71万6,100円の価格差があります。
さまざまなラインナップを展開する2代目フリードハイブリッドですが、地域や路面状況に左右されない4WDが設定されている点は見逃せません。

なかでも「HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING」や「+ HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING」はSUVのような外観からアウトドアにも使える1台となっており、2代目フリードハイブリッドのなかでもおすすめの4WDグレードと言えるでしょう。

※ 2020年9月現在
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細