レクサス 4代目RXシリーズ(AGL20W/AGL25W/GYL20W/GYL25W/GYL26W型)の7つのグレードを徹底比較!おすすめのハイブリッドグレードはこれだ!!

レクサス・4代目RXシリーズ

レクサスを代表するクロスオーバーSUVとしてラインナップされているレクサス 2代目RXシリーズ(AGL20W/AGL25W/GYL20W/GYL25W/GYL26W型)。

1998年に登場したレクサス 初代RXシリーズは北米でヒット車種となり、日本国内ではトヨタ 初代ハリアーとしてデビュー。

2003年にフルモデルチェンジした2代目RXシリーズも、国内ではハリアーの名前で販売が続けられました。

そして、2009年の3代目RXシリーズの登場に伴い、国内でもRXシリーズとして正式に販売を開始。

現在は2015年に登場した4代目RXシリーズとして販売が続けられています。

今回は、そんなレクサスRXシリーズの現在のグレードについて紹介していきます。

文・PBKK

レクサス 4代目RX300"version L"【価格:615万円~】

「RX300"version L"」は、RX300をベースに特別装備を追加したグレードです。

「RX300"F SPORT"」と同様にNAVI・AI-AVSを装備し、アルミホイールも標準の18インチから20インチへ。それに伴いタイヤサイズ235/55R20へとサイズアップし、走行性能を向上。インテリア(内装)では、フロントシート(前席)にポジションメモリーや便利レーション機能が付いたセミアニリン本革シートを採用し、質感を高めています。

価格は2WDが615万円、4WDが642万円となり、ベースとなる「RX300」からは2WDと4WDそれぞれ91万円高額となっています。

レクサス 4代目RX450h【価格:638万円~】

「RX450h」は、その名が示す通り排気量を3.5Lに拡大し、ハイブリッドシステムを搭載したグレードとなっています。

最高出力193kW(262PS)/6,000rpm、最大トルク335Nm(34.2kgm)/4,600rpmを発揮する3.5L V型6気筒の2GR-FXS型エンジンに、最高出力123kW(167PS)、最大トルク335Nm(34.2kgm)に達するモーターを組み合わせ、システム最高出力316kW(429PS)最大トルク670Nm(68.4kgm)を発生。

2,000kgを超える車重にもかかわらず、実際の走行状況に近いとされるWLTCモード燃費で2WDが15.3km/L、4WDでも14.9km/Lを誇ります。

また「RX300」の場合、4WDはプロペラシャフトを介して後輪に動力を伝達していましたが、RX450hの4WDは後輪を完全電動化したトヨタ独自の4WD「E-Four」を採用しています。これによって後輪は最適なタイミングで駆動力を得られるため、悪路や積雪地などでは「RX300」にはない走破性を発揮できるとされています。

価格は2WDが638万円、4WDが665万円となり、下位モデルの「RX300」に対して2WDと4WDそれぞれ114万円高くなっています。

<次のページに続く>
次ページ
レクサス 4代目RX450h"F SPORT"【価格:757万円~】