使い勝手の良いラグジュアリーSUV、レクサス 4代目RXの荷室は5名乗車時でもゴルフバッグ4個積載可能なゆとりを持っている!

レクサスRX

ラグジュアリーSUVのジャンルを開拓し、レクサスを代表するモデルのひとつともいえるレクサス 4代目RXは、2015年にデビューして以来その人気が続いています。

レクサスは4代目RXの開発に当たり「挑戦するデザイン」を掲げ、アグレッシブさとエレガンスの融合を目指し、独自のスタイリングによる存在感の向上に成功しました。

卓越したドライビング性能や安全技術、乗り心地など、スタイリッシュであるだけでなく様々な面で上質を実現した4代目RXは発売以来、多くの方を魅了しています。

そこで今回は、パフォーマンス、エクステリア(外装)、インテリア(内装)とラグジュアリーSUVを体現するRXの、荷室(ラゲッジルーム)の性能について詳しく紹介していきます。

Chapter
ラグジュアリーSUVであるレクサス 4代目RXの特徴とは?
レクサス 4代目RXの荷室とリアシートの多彩なコンビネーションを紹介!
レクサス 4代目RXは機能的な荷室でもリアシートの快適性を犠牲にしない設計!
レクサス 4代目RXの荷室をさらに使いやすくするオプションの数々をチェック!

ラグジュアリーSUVであるレクサス 4代目RXの特徴とは?

RXはラグジュアリーSUVというジャンルを切り拓き、世界中で多くの自動車メーカーが追随するなど大きな影響を与えました。

そのパイオニアであるRXは、現在でも優れた性能に裏打ちされたアグレッシブさとエレガンスなスタイルで人々を魅了し続けています。

最高出力262PS・最大トルク34.2kgmの3.5L V6エンジンと、最高出力238PS・最大トルク35.7kgmの2L 直4インタークーラー付ターボエンジンで構成されるパワーユニットは2WD(2輪駆動)と4WD(4輪駆動)を選ぶことが可能で、4WDには操縦安定性を実現するE-Fourを採用。

また、RXの安全性能にも数々の先進技術が導入されています。

夜間走行の安全性を高めるため新開発された高性能ヘッドランプやエンジン・ブレーキ・ステアリング等を統合制御するVDIM、アクティブコーナリングアシストなどを搭載。

高速道路を走行中の車線維持に役立つレーントレーシングアシストや車間距離を一定に保ちつつ追従走行するレーダークルーズコントロール、道路機能の表示・告知を行うロードサインアシストに先行車発進告知機能と種類豊富なのです。

もちろん、RXがラグジュアリーSUVとしての快適性能においても一流の水準であることは言うまでもありません。

VersionLではセカンドシートに電動リクライニング&電動格納機能付のパワーシートが搭載されているため、着席した状態のまま電動リクライニング調整が可能。

さらに荷室を広げる際の格納と引き起こしが電動で出来るうえ、シートヒーターも装備されているのです。

快適性に欠かすことの出来ないエアコンも注目に値します。

3列シートモデルではサードシートで温度・風量を調整可能なオートエアコンが備わっているので、全ての座席で心地よいドライブを楽しむことができるのです。

他にも、スポーティーさを重視する方向けに専用チューニングによる走行性能の切れ味向上を実現し、スピンドルグリル・フロントロアバンパー・アルミホイールなどエクステリアと本革スポーツシート・本革シフトノブなどインテリアへの専用装備を備えた「F SPORT」モデルが用意されています。

RXはラグジュアリーさのみならず安全性や快適性にも秀でているうえに、スポーティーモデルを求める方さえ満足させることの出来るモデルといえるでしょう。

レクサス 4代目RXの荷室とリアシートの多彩なコンビネーションを紹介!

RXには乗車定員が6/7名の3列シートモデルであるRX450hL と、乗車定員が5名の2列シートモデルであるRX450h/RX300が用意されています。

荷室とリアシートのバリエーションを購入時のモデルから選ぶことができるRXですが、3列シートモデルだからといって荷室の利便性が犠牲になっているわけではありません。

3列シートモデルであるRX450hL のサードシートは5:5分割電動可倒式でスイッチ操作によるポジション選択が可能であり、サードシートを格納しフラットなスペースとして使用することも出来るようになっているのです。

セカンドシートも2列シートモデル/3列シートモデル共に4:2:4分割可倒式が装備され、荷室の一部として利用することが出来るうえ、VersionLでは電動リクライニング&電動格納機能付のパワーシートとなることから、着席した状態のままスイッチでリクライニング調整を行うことも。

さらに、3列シートモデルのRX450hLにはセカンドシートを左右独立したキャプテンシートとするオプションが設定されており、スライド&リクライニング機能で好みに応じたくつろぎを演出することも可能です。

もちろん2列シートモデルの標準的な荷室収納性能は十分で、9.5型のゴルフバッグ4個を横置きすることができるほか、買い物の際に便利な格納式フックなど使い勝手にも配慮されています。

全長5,000mmと他のモデルより110mm長いRX450hLの3列シートを選ぶか、2列シートのRX450h/RX300を選択するかは3世代ファミリーや仲間と外出する機会の多い人々にとっての嬉しく悩ましい選択肢といえます。

しかし、RXの荷室とリアシートのコンビネーションは、どちらを選んでも高い満足感を与えてくれることでしょう。

RXは多様なライフスタイルに合致するバリエーションに加え、荷室の収納性能とリアシートの利便性が両立する優れた特徴を持つモデルなのです。

レクサス 4代目RXは機能的な荷室でもリアシートの快適性を犠牲にしない設計!

3列シートモデルのRX450hLのサードシートには5:5分割電動可倒式が、またセカンドシートには4:2:4分割可倒式が採用され、VersionLのセカンドシートでは電動リクライニング&電動格納機能付のパワーシートと荷室との組み合わせによる使い勝手が十分であるRX。

しかし、このような利便性の高さにも関わらずリアシートの快適性は犠牲になっていません。

エアコンには運転席・助手席独立温度調整だけでなく、3列シートモデルではサードシートでも独立して温度調整が可能なオートエアコンが採用されています。

これはサードシート左右席のデッキサイドに風向調整出来る吹出し口が配置されし、左席デッキサイドの操作パネルで温度・風量の調節が可能というもの。

セカンドシートにはシートヒーターも搭載され、暑い夏や寒い時期など季節を問わず気持ちの良いドライブを楽しむことが出来るなど、リアシートの快適性に配慮されています。

車内装備は他にも、ナノイーや花粉除去・脱臭機能付のクリーンエアフィルター、それにUVカット機能付のプライバシーガラスなど、リアシートで快適に過ごすための機能は十分搭載されているといっても良いでしょう。

また、SmartDeviceLink/AppleCarPlay/AndroidAutoに対応しているためiPhoneやAndroidスマートフォンを12.3インチタッチワイドディスプレイと連携させ音楽を再生することができ、地上デジタルTVチューナー&アンテナでエンターテイメントを楽しむことも可能な点も魅力。

さらに充電用USBが後部に2個、ハンズフリーパワー機能を搭載したバックドアなど、RXのリアシート周りは荷室の収納性能と使い勝手にも関わらず、高い快適性を持っているといえるのです。

レクサス 4代目RXの荷室をさらに使いやすくするオプションの数々をチェック!

通常時でも使いやすいRXの荷室は、オプションを活用することでさらに使いやすく、高い利便性を持つことができます。

まずラゲッジマットは、荷物の傷つきや荷室内の汚れを防ぐうえに消臭・抗菌機能付き。

2枚のシートを合わせた二重構造のトレイで滑り止めと撥水加工を施したラゲッジトレイや、荷室全体をカバーする大きさのロングラゲッジマット、ウォールナット調のデッキボードであるラゲッジデッキボードも用意されています。

他にもバックドアを開けた際の目隠しになり、荷物がズレることによるバックドア内壁の傷付きを防止するバックドアオープニングガード、荷物を固定するラゲッジネット、ファブリック製の収納ボックスであるラゲッジボックスと、荷室の使い勝手を高めるアイテムが多数揃っているのです。

そして、収納性能で荷室と関係の深いリアシートにも豊富なオプションが役立っています。

リアエンターテイメントシステムを使えば、フロントシートのシートバックに設置された2台の11.6インチ高精細ディスプレイがフロントシートのディスプレイと同じ映像はもちろん、外部機器の接続によって独立した映像を表示することまで可能に。

さらにハイエンドオーディオで有名な「マークレビンソン」のオーディオがオプションになっているのもRXの特徴です。

コンサートホールで使用出来るパワーと音質を備えたアンプと15スピーカー、それにQLSテクノロジーなどの技術によって、自然なボーカル質感にステレオ感を実現してくれます。

このように、RXの荷室はオプションによってさらにその利便性を高め、リアシートは快適性を増すのです。

2列シートモデルと3列シートモデルから構成されるRXは、どちらも荷室とのコンビネーションにより高い収納力と使い勝手を持つモデルです。

一方で、リアシートにおいてもパワーシートにサードシート独立温度調整が可能なエアコン、そしてオプションのオーディオ・エンターテイメントと、快適さが損なわれることなく優れた乗り心地を実現していることがわかりました。

荷室の利便性とリアシートの快適性は、RXが日本市場のみならず世界的な人気を誇る理由のひとつであるといって良いのではないでしょうか。

※2021年7月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道