レクサス 4代目RXシリーズ(AGL20W/AGL25W/GYL20W/GYL25W/GYL26W型)の7つのグレードを徹底比較!おすすめのハイブリッドグレードはこれだ!!

レクサス・4代目RXシリーズ

レクサスを代表するクロスオーバーSUVとしてラインナップされているレクサス 2代目RXシリーズ(AGL20W/AGL25W/GYL20W/GYL25W/GYL26W型)。

1998年に登場したレクサス 初代RXシリーズは北米でヒット車種となり、日本国内ではトヨタ 初代ハリアーとしてデビュー。

2003年にフルモデルチェンジした2代目RXシリーズも、国内ではハリアーの名前で販売が続けられました。

そして、2009年の3代目RXシリーズの登場に伴い、国内でもRXシリーズとして正式に販売を開始。

現在は2015年に登場した4代目RXシリーズとして販売が続けられています。

今回は、そんなレクサスRXシリーズの現在のグレードについて紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
レクサス 4代目RX300【価格:524万円~】
レクサス 4代目RX300”F SPORT”【価格:612万円~】
レクサス 4代目RX300"version L"【価格:615万円~】
レクサス 4代目RX450h【価格:638万円~】
レクサス 4代目RX450h"F SPORT"【価格:757万円~】
レクサス 4代目RX450h"version L"【価格:729万円~】
レクサス 4代目RX450hL【価格:796万円】

レクサス 4代目RX300【価格:524万円~】

「RX300」はモデルチェンジ前のレクサス 3代目RXシリーズにもラインナップされていたグレードで、レクサス 2代目RXシリーズのエントリーグレードに位置づけられたモデルです。

他グレードとの最大の違いは、ハイブリッドシステムを持たない純粋なガソリンエンジン車である点で、最高出力175kW(238PS)/4,800~5,600rpm、最大トルク350Nm(35.7kgm)/1,650~4,000rpmを発揮する2L 直列4気筒の8AR-FTSエンジンは、ターボチャージャーを装着し、ガソリンエンジンならではのフィーリングを味わうことができます。

トランスミッションにはスーパーインテリジェント6速オートマチックが組み合わされ、駆動方式は2WD(前輪駆動)と4WD(4輪駆動)が設定されています。

価格は全グレード中もっとも低く抑えられ、2WDが524万円、4WDが551万円となっています。

レクサス 4代目RX300”F SPORT”【価格:612万円~】

「RX300"F SPORT"」は、より走行性能を高めたハイパフォーマンスモデルです。

エクステリア(外装)では"F SPORT"専用のフロント、サイド、リヤバンパーを装備。ヘッドライトも3眼フルLEDヘッドランプとなっています。また、カーナビゲーションと連動し、路面状況に合わせてサスペンションを制御する「NAVI ・AI-AVS」とハイパフォーマンスダンパーを標準装備し、「RX300」よりも高い構想性能実現しています。

価格は2WDが612万円、4WDが639万円と、下位グレードに比べて2WDと4WDそれぞれ88万円高くなっています。

<次のページに続く>
次ページ
レクサス 4代目RX300"version L"【価格:615万円~】