スバル 新型レヴォーグ(VN5型)の欠点(デメリット)4つ

スバル・新型レヴォーグ

2020年8月から先行予約が始まったスバル 新型レヴォーグ(VN5型)。公式サイトでもエクステリア(外装)やインテリア(内装)が確認できるようになったものの、先行予約期間中は実物が確認できないことから契約を躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。

新型レヴォーグはモデルチェンジ前のスバル 初代レヴォーグに比べ、さまざまな点で優れていますが、数値を比べていくと浮かび上がってくる欠点もあります。まだ実物を見られないからこそ慎重になりたいと考えている方のためにも、今回は新型レヴォーグの欠点について考察していきます。

文・PBKK

Chapter
スバル 新型レヴォーグでは室内空間が狭くなった⁉
スバル 新型レヴォーグではエンジンが排気量1.8Lに統一されてしまった!
スバル 新型レヴォーグでは燃費がほぼ改善されていない⁉
スバル 新型レヴォーグのセンターインフォメーションディスプレイは使いこなすのに苦戦する⁉

スバル 新型レヴォーグでは室内空間が狭くなった⁉

スバル 新型レヴォーグは、モデルチェンジ前のスバル 初代レヴォーグに比べてボディーサイズが拡大されましたが、一方で室内空間は少し狭くなってしまったようです。実際に数値を比べてみましょう。

初代レヴォーグのボディーサイズは全長4,690mm×全幅1,780mm×全高1,490~1,500mmで、室内寸法は室内長2,005mm×室内幅1,490mm×室内高1,205mmとなっています。

対する新型レヴォーグは全長4,755mm×全幅1,795mm×全高1,500mmと、初代レヴォーグに対して全長205mm・全幅15mm・全高10mm拡大され、小さくなったヘッドライトや大型化されたヘキサゴングリルなど、エクステリアデザインの変化も相まって数値以上に大きくなった印象を与えます。

しかし、室内寸法は室内長1,900mm×室内幅1,515mm×室内高1,205mmと、室内幅25mmの拡大に対して室内長は105mmも短くなっています。ボディーサイズは205mmも長くなっているにもかかわらず、室内長は逆に切り詰められてしまった点は欠点と言えるでしょう。

一方で、スバルの公表している室内寸法の全長はフロントシート(前席)の前からリアシート(後席)の背もたれの後ろまでとなっています。つまり、ラゲッジスペース(荷室)が含まれていない数値であるため、実際の使い勝手にはほとんど影響がないレベルであることが伺えます。

また、室内長はインパネ(インストルメントパネル)の先端などから計測されている場合が多く、足元の空間については測定されていないこともあります。そのため、実際にフロントシートやリアシートに乗り込んだ際には、意識をしなければ初代レヴォーグに比べて狭いと感じることは難しいかもしれません。

スバル 新型レヴォーグではエンジンが排気量1.8Lに統一されてしまった!

次にスバル 新型レヴォーグの欠点として挙げられるポイントが、エンジンが1.8L 水平対向エンジンに統一されてしまったことです。スバル 初代レヴォーグでは排気量1.6LのFB16型エンジンと、2LのFA20型エンジンの2種類がラインナップされていました。

FB16型は最高出力125kW(170PS)/4,800~5,600rpm、最大トルク250Nm(25,5kgm)/1,800~4,800rpmという実用的なユニットとして幅広いグレードに搭載され、FA20型は最高出力221kW(300PS)/5,600rpm最大トルク400Nm(40.8kgm)/2,000~4,800rpmを発揮するスポーツカー顔負けのユニットとして、トップグレードに搭載されました。

しかし、新型レヴォーグでは全グレードにCB18型という新型エンジンのみが搭載されています。

CB18型は新型レヴォーグで初めて採用されたエンジンですが、最高出力130kW(177PS)/5,200~5,600rpm最大トルク300Nm(30.6kgm)/1,600~3,600rpmと、FB16型よりは高出力であるもののFA20型に比べるとパワー不足感が否めません。

初代レヴォーグが実用的なエンジンと、ハイパワーで非日常を感じられる性格のエンジンをラインナップしていたこととも対照的です。

また、大手中古車Webサイトでは2020年9月現在の時点で835台の初代レヴォーグが掲載されていますが、そのうち約13%にあたる110台をハイパワーなFB20型を搭載するグレードが占めており、少なくない数のユーザーがハイパワーな初代レヴォーグに魅力を感じていたことが伺えます。

スバルはWRC(世界ラリー選手権)をはじめとしたモータースポーツ活動でファンの獲得に成功した自動車メーカーであるため、ハイパワーエンジンを搭載したトップグレードの存在はスポーツカーを開発してきたスバルを象徴する存在です。そのため、ハイパワーエンジンをラインナップしないことは新型レヴォーグにとって大きな欠点と言えるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
スバル 新型レヴォーグでは燃費がほぼ改善されていない⁉