マツダ MAZDA3 ファストバック(5BA-BPFP)は支払い総額324万135円!?実際に見積もりを取ってみた!

今回は、マツダ MAZDA3 ファストバック(5BA-BPFP)の乗り出し価格がいくらになるのかご紹介します。MAZDA3 ファストバックは、MAZDA3 セダンとともに2019年5月に発売。

MAZDA3は、先代モデルとなる3代目アクセラ(BM/BY系)から名称を変更し、4ドアのアクセラセダンがMAZDA3 セダンに、5ドアハッチバックのアクセラスポーツがMAZDA3 ファストバックとなりました。

そんなMAZDA3 ファストバックに設定された数あるグレードの中から、今回は20S バーガンディセレクション(Burgundy Selection)の見積もりを取ってきました。

文・PBKK

Chapter
マツダ MAZDA3 ファストバックには世界初の技術が組み込まれている!
マツダ 初代MAZDA3 ファストバックは音楽が心地よい静かな室内を実現!
マツダ 初代MAZDA3 ファストバックの乗り出し価格は324万135円!

マツダ MAZDA3 ファストバックには世界初の技術が組み込まれている!

MAZDA3 ファストバックは、マツダの新世代車両の先陣として2018年11月末にロサンゼルスオートショーで公開され、まず2019年初頭に全米で発売されました。日本では、2018年12月に東京オートサロン2019にて初公開され、全米より遅れること5ヶ月、2019年5月に日本名アクセラからMAZDA3へと変更され登場しています。

マツダ MAZDA3 ファストバックのデザインコンセプトは魂動。デザインを優先するマツダならではの引き算の美学を追求し、余計な装飾をそぎ落として、ロングノーズでなめらかな美しいボディラインに仕上がっています。

パワートレインは1.5L直列4気筒直噴ガソリンエンジン、2.0L直列4気筒直噴ガソリンエンジン、1.8L直列4気筒直噴クリーンディーゼルターボエンジン、2.0L新世代ガソリンエンジンの4種類がラインアップされていて、販売の主力は2.0Lガソリンエンジンとのことです。

2.0L新世代ガソリンエンジンは、ガソリンとディーゼルの良いところ取りをした世界初の実用化エンジンで、従来の2.0Lガソリンエンジンより出力、トルクともパワーアップしています。

さらにマツダ独自のマイルドハイブリッドを搭載することにより、燃費も良くなったのですが、販売価格が2.0Lガソリンエンジン車より70万円ほど高くなってしまい、なかなか販売台数に結びつかないようです。

その他にマツダ MAZDA3 ファストバックで重要視されたのが、ドライバーの姿勢です。最も自然な姿勢は「人間が歩いている床の姿」と定義のもと、運転席の各調節機能を拡大。

加えて太ももを保持するチルト機構を装備することにより、理想的なポジションが確保できるようになっています。運転席に座ってみて、この姿勢なら運転が楽そうで、疲れが少ないと実感しました。

ディーラー担当者のおすすめの機能は、G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)です。エンジンの駆動制御を行うことでタイヤの接地をコントロールしてクルマの挙動を制御するという世界初の技術で、車線変更時や雪道などで振り回されることが少なくなるといいます。

カーブでは外へ飛び出さないようアシストしてくれるので、安全運転には欠かせない本当に有難い機能です。

マツダ 初代MAZDA3 ファストバックは音楽が心地よい静かな室内を実現!

MAZDA3 ファストバックに試乗して、革製シートの座り心地の良さもさることながら、室内の静粛性にも驚かされました。新開発されたという8スピーカーによるオーディオシステムから流れてくる音楽が、まるで密閉されたオーディオルームで聞いているような、全身を包み込むような響きで聞こえてきます。

試乗車には付いていなかったのですが、メーカーオプションの世界最高峰のオーディオメーカーBose社と共同開発した12スピーカーのBoseオーディオシステムで聴いてみたくなりました。BoseオーオーディオシステムはMAZDA3 15S以外にメーカーオプションとなっています。

MAZDA3 ファストバックの安全機能に関しては、国の安全基準で最上級のセイフティー・サポートカーS ワイドに認定されていて、安全性の高さは保証付きです。

さらに、視認性を高めるため、フロントガラス面に速度や必要な走行情報を照射するアクティブ・ドライビング・ディスプレイが全車に標準装備されていて、視線を変えずにさまざまな確認ができるので、より安全にドライブできます。

今回見積もりしたのは、2.0Lガソリンエンジンの20Sバーガンディセレクション(Burgundy Selection)。初代MAZDA3 ファストバック専用の赤いレザーで車内を施したガソリンエンジンの最上位グレードです。

マツダ 初代MAZDA3 ファストバックの乗り出し価格は324万135円!

メーカー:マツダ
車種:MAZDA3
型式:5BA-BPFP
外装色:スノーフレイクホワイトマイカ
内装色:レッド(ダークドストレッチ))
エンジン:SKYACTIV-G 2.0
駆動:FF 2WD
ドア:5
定員:5名
付属品:フロアマット2WD用(3万3880円)、アクリルバイザー(2万8820円)、ETC車載器(3万3330円)、ナビゲーション用SDカードアドバンス(5万3899円)、ETCセットアップ(2750円)

【見積もり内容】
車両本体:288万9436円
税金・保険等:14万1270円
諸費用等:5万6460円

値引予想額:15万2679円(店舗により異なる)

支払総額:324万135円

マツダ MAZDA3 ファストバックは3代目マツダ アクセラから4代目へフルモデルチェンする際に、世界統一ブランドMAZDA3へ名称を変更。マツダの世界戦略第1弾として発表しただけに、後継であるアクセラから飛躍的に進化しており、試乗を終えてとても良いクルマだと実感しました。

値引き金額に関しては、本体価格の値引きはしないというのがマツダの方針ということで、ディーラーオプションから値引きしますというのが担当者の話でした。従って今回はディーラーオプションのみの値引きになっています。