トヨタ ルーミー4つの欠点(デメリット)とは?

画像1

今回は、初代ルーミー(DBA-M910A/DBA-M900A)の欠点についてご紹介します。ルーミーはコンパクトカーでありながら、無駄のない広い車内空間を実現している点や、スライドドアを採用し利便性の良さにもこだわっている点など、多くの優れた部分をもち、人気の高い1台です。

しかし、もう少し改善されたらいいのにという声が上がるような、欠点とされる部分もあります。ルーミーの欠点とされる部分はどこにあるのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
1.トヨタ初代ルーミーのリアシート側の収納機能が少ない?
2.トヨタ ルーミーのインテリアは安っぽい?
3.トヨタ ルーミーのエンジンはパワー不足?
4.トヨタ ルーミーは価格が高い?

1.トヨタ初代ルーミーのリアシート側の収納機能が少ない?

トヨタ ルーミーは、広さのある車内に利便性の良い収納機能が多く備えられています。特にフロントシート側の収納機能は多く装備されており、高く評価されているポイントです。しかし、フロントシート側に比べるとリアシート側に装備されている収納機能が少ないという声があります。

フロントシート側にある収納機能は主に9種類。

どんなものがあるかというと、助手席側には、大容量のオープントレイやグローブボックス、荷物をかけておくことのできるお買い物フックなどがあり、運転席と助手席のあいだには、携帯電話などの小物を収納できるクラスターポケット脱着式ダストボックス、手荷物などを置いておけるフロアトレイ。

さらに、手席側と運転席側のどちらにも回転式カップホルダー、ボトルホルダー付のドアポケットドアブルハンドルポケットが助装備されています。フロントシート側だけでもこれだけ多く、かなり充実した収納機能が装備されているのです。

一方、リアシート側では、ボトルホルダー付のトレイ式デッキサイドトリムポケットが左右に備えられています。リアシート側の収納機能はこれのみです。フロントシート側の収納機能に比べて圧倒的に少なくなっています。

それだけでも気にならないという方もいますが、もっと収納機能が欲しい方には、この収納機能にくわえてほかの収納機能も備えられているグレードにするか、オプションで収納機能をくわえてみてもいいのではないでしょうか。

カスタムG-TとカスタムGでは、冊子などを入れておけるシートバックポケットが標準装備されており、全グレードで装備できるオプションとして、シートバックテーブルのいうものもあります。

このシートバックテーブルには、2個のドリンクホルダーとちょっとした荷物をかけておくことのできるお買い物フックがあり、助手席と運転席の両方に装備できるものです。これらが付け加えられるだけでも、リアシート側の収納機能が充実し、車内で過ごす快適さも向上させることができます。

2.トヨタ ルーミーのインテリアは安っぽい?

ルーミーは、車内空間の広さが人気の理由のひとつになっていますが、インテリア(内装)の質感やデザインに関して、もう少し上質さが欲しいといった声もあります。特に、シートに対するものが多く、中には、シートが軽自動車のようだと感じてしまう方もいるようです。

シートはどのグレードでもファブリック表皮が採用されており、カスタムGとカスタムG-Tでは、シートに撥水機能がつけくわえられています。通気性が良いのでどの季節でも過ごしやすいのがファブリック素材の特徴です。しかし、もっと上質さが欲しいという方には、革調のシートカバーにすることもできます。

オプションにはなりますが、利用すればシートの色もブラックとベージュから選ぶことも可能です。また、革調とスエード調のどちらの素材も使用した、シートカバーもあります。シートをかえるだけで、車内の上質さはいっきに変わり、自分だけの特別な空間になるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
3.トヨタ ルーミーのエンジンはパワー不足?