【プロ解説】レンジローバーイヴォークのエクステリア(外装)やデザインを徹底解説!!

ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV

※この記事には広告が含まれます

2011年に発表され、2012年に日本市場で販売開始された初代、レンジローバーイヴォーク。世界で累計80万台を超えるプレミアムコンパクトSUV市場のパイオニアであり、大ヒットモデルです。その初代のDNAを受け継ぎ、2019年6月に日本市場に導入されたのが現行型レンジローバーイヴォークです。今回は、現行型レンジローバーイヴォークの外装(エクステリア)デザインについて紹介・解説していきます。撮影車両は、ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEVです。

文/写真・萩原文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
レンジローバーイヴォークは初めのデザインコンセプトを強く反映!
現行レンジローバーイヴォークは、ボリューム感のあるデザインが印象的!
後端に向かって傾斜していくルーフラインはクーペを彷彿とさせる
V8 4リッター並みのトルク!! 新型レンジローバー イヴォークを徹底レビュー!!【ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV】

レンジローバーイヴォークは初めのデザインコンセプトを強く反映!

RANGE ROVER LRX 
現行型レンジローバーイヴォークはコンセプトカーLRXを再現し、生産かした初代モデルの特徴的なクーペスタイルのシルエットをより洗練させました。
個性的なルーフラインと流れるようなウェストライン、はっきりとしたショルダーラインとホイールアーチ。

そのすべてが力強く、躍動的なスタイルを生み出しています。
できるだけラインを減らしすっきりとしたフォルムは還元主義というデザイン理念を取り入れたもので、よりモダンで洗練されたデザインを生み出しています。
ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV
ボンネットスクリプトはボンネットに空いている穴
現行型レンジローバーイヴォークは標準モデルのイヴォークに加えて、R-ダイナミックというスポーティさを強調したモデルを用意しました。

R-ダイナミックは標準モデルに対して、ダークアトラスに塗装されたボンネットスクリプトやフロントグリル、テールゲートスクリプトを採用。
ダークサテングレーバランスというアクセントの付いたボディ同色のフロント&リアバンパー、バーニッシュドコッパーという色に塗られたボンネットルーバーやサイドベント、エキゾーストフィニッシャーを採用しています。
ドアノノブが度アパなるに格納されるデプロイアブル・ドアハンドルやシャープな印象を与える超薄型のLEDヘッドライトが滑らかで美しいボディを際立たせつつ、先進性を強調しています。

レンジローバーイヴォークの特色あるカラーリングを一部紹介!

フィレンツェレッド イヴォーク 
カイコウラストーン イヴォーク
ユーロンホワイト イヴォーク 
ソウルパールシルバー イヴォーク 
ノリータグレー イヴォーク 
ボディカラーはソウルパールシルバーとノリータグレーという新色を含めた11色を用意しています。

現行レンジローバーイヴォークは、ボリューム感のあるデザインが印象的!

格納式のデプロイアブル・ドアハンドルを採用したサイドビューは、レンジローバーファミリーを象徴するリアに向かって上昇するウェストラインを除いて、極力ラインを抑えたデザインとなっています。

この無駄を省いたデザインこそ、「還元主義」というデザイン理念に基づいたもので、進化したレンジローバーイヴォークをよりモダンに演出してくれます。
レンジローバーイヴォークのボリューム感のあるプロポーションはハッキリとしたショルダーラインとパワフルなホイールアーチで強調され、大径ホイールと組み合わせることによりプレミアムSUVらしい力強くダイナミックな雰囲気を演出しています。

後端に向かって傾斜していくルーフラインはクーペを彷彿とさせる

傾斜するルーフラインの最後端となるリアスタイルは、他のレンジローバーモデルと同様にコンパクトにまとめられているのが特徴です。

しかし、テールゲートスポイラーを装着することでスポーティさを、LEDリアコンビネーションランプとブラックアウトされたガーニッシュによってワイド感と低重心を強調しています。

ひと目でレンジローバーファミリーであることがわかるデザインは踏襲されています。
初代 イヴォーク
現行 イヴォーク
初代レンジローバーイヴォークが採用したワイド&ローのフォルムそしてリアに向かって傾斜するクーペスタイルを受け継ぎつつ、無駄なラインをできるだけ抑え、面を強調したモダンなデザインをまとった現行型レンジローバーイヴォーク。

他に似ているSUVが存在しない、個性的な外装(エクステリア)デザインが魅力です。

V8 4リッター並みのトルク!! 新型レンジローバー イヴォークを徹底レビュー!!【ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV】

今回のランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEVの記事は、CARPRIMEチャンネルにて動画でお届けしています!ぜひ、チャンネル登録をお願いします!

商品詳細