マツダ デミオ(MAZDA2)は車中泊も快適に過ごせるシートアレンジを用意!

画像1

今回は、マツダ デミオ(MAZDA2)の多彩なシートアレンジに注目してみました。マツダ デミオ(MAZDA2)は、コンパクトカーとして老若男女問わず幅広い層から人気を集めるモデルです。

美しく上質な外観や高い走行性能が魅力的で、日本国内のみにとどまらず世界各国において支持されています。さまざまな魅力に溢れるマツダ デミオ(MAZDA2)ですが、特にシートアレンジが豊富に装備されているのが特徴です。

文・PBKK

Chapter
デミオ(MAZDA2)は5人乗りのベーシックモードでもしっかりとした荷室を確保!
デミオ(MAZDA2)に長さのある荷物を積みたいときには4人乗りモードが便利!
デミオ(MAZDA2)はレジャーに最適!大きな荷物を積むときに活躍する3人乗りモード
デミオ(MAZDA2)のリアシート全体が荷室に!?2人乗りモード
デミオ(MAZDA2)は車中泊のときにフラットな荷室にチェンジ!「ラゲッジフラットボード」

デミオ(MAZDA2)は5人乗りのベーシックモードでもしっかりとした荷室を確保!

マツダ デミオ(MAZDA2)は、全長4,065mm×全幅1,695mm×全高1,500~1,550mmといったコンパクトサイズでありながら、室内に定員の5人乗車でもゆったりとくつろげる居住空間を実現しています。

リアシートの室内空間が広いクルマは、シートアレンジを施さないと荷室は狭いイメージですが、デミオは5人乗車した場合でも荷室スペースがしっかりと確保されています。荷室容量は280L、荷室のサイズは全長700mm×全幅1,000mm×全高880mmと、コンパクトカーとしては十分な広々とした荷室です。

2泊3日程度の旅行で必要なスーツケースやボストンバッグは2つほど収納することができるでしょう。さらに、小さい子供と出かける際のマストアイテム、ベビーカーもシートアレンジを施すことなくそのまま積むことができるので手間がかからず便利です。

また、ワイドなリアゲート開口幅も魅力の1つです。開口ルーフからバンパーまで傾斜した距離は850mmで、幅は最も広い箇所が950mm、上部が840mm、下部が680mmであり、荷物の積み下ろしが楽な形状となっています。5人乗車でのレジャーや旅行は難しそうですが、必要なものを最小限に抑えれば実現しそうです。

デミオ(MAZDA2)に長さのある荷物を積みたいときには4人乗りモードが便利!

マツダ デミオ(MAZDA2)は、リアシート(後部座席)に「6:4分割」のシートアレンジが装備されています。

シートの片側4分割を倒すことで、サーフボードや釣り道具、大きなラグマットなど長さのある荷物を簡単に積むことができます。シートアレンジが独立式なのも嬉しいポイントです。乗車人数や収納したい荷物に応じてカスタマイズできるので、非常に便利です。

<次のページに続く>
次ページ
デミオ(MAZDA2)はレジャーに最適!大きな荷物を積むときに活躍する3人乗りモード