平成5年生まれの僕がモータースポーツを楽しむために買った中古「デミオ 15C」

マツダ デミオ(よよ撮影)

大学卒業後、仕事で貯めたお金で初めて購入したマイカーが2007年(平成19年)式のマツダ デミオでした。街中でよく見かける3代目デミオ 15Cを筆者が選んだ理由は、モータースポーツを楽しむため。コスト・部品供給などの面からも、デミオ 15Cはオススメです。

文・よよ

Chapter
コンパクトカーのラリー仕様
街乗り、デートからラリーまで
純正部品が充実

コンパクトカーのラリー仕様

大学自体から興味を持っていたモータースポーツ、特にラリー、社会人になったらお金を貯めて自分のクルマでラリー競技に参加するのが目標のひとつでした。そして購入したのが、マツダ デミオ 15CのMT(マニュアルトランスミッション)車です。

型式はDBA-DE5FS。5ドアハッチバックのボディサイズは、全長3,885mmx全幅1,695mmx全高1,475mm。MTモデルの車両重量は980kgといまどきのモデルにしては軽量。それをラリー仕様へ仕上げた車両を中古で購入しました。

デミオに決めた理由は、競技参加費用や部品代などランニングコストを考えた場合、車両は年式が比較的新しく、純正部品をディーラーで購入できることが第一の条件。さらに、デミオの場合は税金が1.6Lよりも安いということが決め手でした。

街乗り、デートからラリーまで

筆者の愛車はこのデミオ 15Cのみ。そのため、街乗りでもサーキット走行でも、デートでもこのデミオで出かけます。

車高調を装着しているので運転中の目線の位置は低いのですが、車高の低さで困ることはありません。

純正タイヤサイズは175/65R-14ですが、15インチに換装しています。それでもタイヤ代の節約には有効です。モータースポーツを楽しむと、タイヤは思った以上にもたないのです。

<次のページに続く>
次ページ
純正部品が充実