スズキ 新型ハスラーに欠点(デメリット)はある?

スズキ ハスラー 宮越孝政

スズキの新型ハスラー(MR52S/92S型)は、これまで約46万台以上の販売実績があり、ユーザーのライフスタイルに合わせた使い方ができるSUVモデルとして人気があります。アウトドアや日常のお買い物など様々な場面で日々活躍しています。

このように老若男女に人気のあるハスラーですが、欠点は存在するのでしょうか。今回は新しくなったスズキ ハスラーの欠点に踏み込んで紹介していきます。

文・PBKK/写真・宮越 孝政

エンジンの性能が良くない?

新型ハスラーにはNAエンジンとターボエンジンの2種類のエンジンが用意されており、どちらのタイプであっても全車がマイルドハイブリットを採用する事で、低燃費の車を実現しています。

マイルドハイブリッド採用とはいえ、軽自動車ということでエンジン性能が普通自動車と比較してパワー不足という欠点があるのではないかと疑問に思う方もいるでしょう。

しかし、ハスラーは燃費だけではなく、NAエンジン・ターボエンジンのどちらであってもエンジンエネルギーを無駄なく引き出す設計をすることで、日常使用からスピードが必要とされる高速道路であっても力強い走りを可能としています。

アクセルは少し踏むだけで発進加速が俊敏に行われて、様々な場面で使用したとしてもパワー不足を感じないドライブを楽しめる仕様になっていますが、信号待ちでの停車時から急発進する際には普通自動車と比べた場合、もたつきを感じることがあるかもしれません。気になる方は一度試乗などしてみてはいかがでしょうか。

軽自動車という車種において気になる点を補うように様々な対策がしっかり施されており、想像以上に高いクオリティを持っていることが新型ハスラーの特徴といえます。走りの力強さや大径のタイヤによる車体の安定性などについては、多くの軽自動車の中でも大きなメリットとなっています。

新しいハスラーは軽自動車特有の欠点を克服し、普通自動車に勝るとも劣らない優れたモデルになっています。数多い軽自動車の中でも、気になる一台であることは間違いありません。