【プロ解説】週末ゴルフしたいお父さんの財布に優しい?現行型BMW3シリーズの維持費は?320d xDrive Mスポーツで考察してみる!!

2019年3月、新型となって登場したBMW3シリーズ。新型3シリーズにはBMW伝統のスポーティで精密なプレス・ラインや、象徴的なキドニー・グリルなど40 年以上の伝統を継承しつつ、AIを活用した新開発のインテリジェント・パーソナル・アシストを初採用するなどライバルのメルセデス・ベンツCクラスなどと互角以上に渡り合える実力を備えつつ登場しました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からBMW3シリーズをひも解いていきます。*記事に登場する白い試乗車は、BMW 320d xDrive M Sportです。

文・写真/萩原 文博

Chapter
現行型BMW3シリーズの維持費は?320d xDrive Mスポーツで考えてみる
約600キロ走行して燃費は、約17.5km/Lをマーク
待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

現行型BMW3シリーズの維持費は?320d xDrive Mスポーツで考えてみる

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

ここでは、試乗したBMW320d xDrive M Sportの維持費について紹介しましょう。このモデルにはクリーンディーゼルと呼ばれる2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載しているため、購入時の自動税そして環境性能割が0円となります。さらに、3万円の自動車重量税もまるまる減額されるために、購入時の諸費用も安く抑えることができます。さらに搭載しているディーゼルエンジンはWLTCモード燃費で、15.3km/Lという優れた燃費性能を実現しています。

約600キロ走行して燃費は、約17.5km/Lをマーク

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

ちなみに今回試乗した際は約17.5km/Lでした。最新の全国平均の軽油価格は約128円となっていますので、59Lの燃料タンクを満タンにすると約7500円。WLTCモードの15.3m/Lで走行すると約900km走行可能です。今回は約600km走行しても、まだ約470km走行可能でしたから、満タンで、約1000kmは走行可能と言えるでしょう。さらに維持費としては約1500kmを目処にアドブルーを足さないとエンジンが掛からなくなるので、注意が必要です。 

BMW 330e

BMW320d xDrive M Sportの車両本体価格は641万円です。2L直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載した320i M Sportの車両本体価格は594万円と47万円差があります。しかし、こちらは320dのような減税措置がないため、この価格差はグンと縮まります。しかも使用する燃料が320i はハイオクガソリンで、燃費性能はWLTCモードで13.8km/Lなので、ロングドライブをすると、燃料代はかなり高くなります。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

こうして考えてみると、クリーンディーゼルエンジンを搭載した320d xDrive M Sportは高い走行性能を実現しながら、財布に優しいグレードということができます。特に週末にゴルフなど頻繁に行く人にとっては、320d xDrive M Sportは月にもう一回ラウンドを増やせるほどの高い経済性を誇っています。

待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

2019年、7代目へと進化したG20型BMW 3シリーズ。日本ではガソリンエンジン車を先行で導入した後、ディーゼルエンジン車を導入しました。また、渋滞時ではとても便利なハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムや自動パーキングアシストなど先進の運転支援システムを搭載。一体、どんなクルマに仕上がっているのか?河西啓介がチェックします。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ