まもなくモデルチェンジ?トヨタ ハリアーは「別格」のSUV!?

トヨタ ハリアー 2017

2020年の夏前にも次期型があるのでは?という憶測記事もあるトヨタ ハリアー。3代目は、2013年11月に登場したため、7年近く経っている。今回は、ハリアーのガソリンエンジン、ハイブリッドのパワートレーン、2WDと4WDという駆動方式、GR SPORTSやモデリスタなど個性的な仕様まで改めてチェックしてみた。

文・塚田 勝弘

Chapter
価格は高めだがトヨタのSUVの中でも人気モデル
絶妙な価格設定にも理由が…?
小気味よい走りが身上のターボモデル
街乗り中心なら必要十分な2.0L NAガソリン車
「E-Four」は省燃費性と悪路走破性に優れる生活四駆
カタログモデルの「GR SPORTS」も見逃せない選択肢
圧倒的なオリジナリティが際立つ「MODELLISTA」
古さを感じさせないスタイリング!内装の質感が美点

価格は高めだがトヨタのSUVの中でも人気モデル

ハリアーは、トヨタのSUVの中でもCH-RやRAV4に次ぐ人気モデルになっている。2020年の登録からは、これにコンパクトSUVのライズが加わったため、同社では4番目くらいの人気SUVになる。

しかも、車両価格が高いドル箱モデルでもある。噂どおりのフルモデルチェンジを受けるとなると、熟成極まった現行ハリアーを手に入れるチャンスかもしれない。初代ハリアーは、FF系プラットフォームを使う、都市型SUVとして1997年にデビュー。北米などではレクサス RXとして人気を集めていて、早い段階からプレミアムSUVを謳うモデルだった。

SUVが軍用車やピックアップトラックから派生し、ラダーフレームのクロカン系SUVが長く繁栄してきたが、トヨタは1994年の初代RAV4で、シティ系SUVという鉱脈を引き当てた。RAV4以前にも街乗りSUVはあったが、木村 拓哉をCMに起用するというマーケティングの成功もあって一躍スポットライトを浴びる。

その後は、日本車だけでなく、メルセデス・ベンツがMクラス、BMWがX5をリリース。その後は、スーパースポーツカーブランドまで参入する大きな市場になったのはご存じのとおりだ。

絶妙な価格設定にも理由が…?

さて、現行ハリアーはレクサス RXの兄弟車ではなくなり、国内専用モデルとして開発された。消費税が10%増税される前までは、300万円を切るエントリーグレードを設定し、300万円台前半で売れ筋仕様が手に入る価格設定も絶妙だった。

中古車マーケットでも値崩れしにくく、ここ数年こそ販売台数は落ちているが、人気モデルとして長い間君臨してきた。その理由は、価格設定の割に内外装の質感が高い、というトヨタらしい長所が高く評価されてきたといえるだろう。

いまでもハリアーのハイライトは、内外装のクオリティの高さにあると言っていいだろう。とくにインパネの質感やデザインは古さを感じさせない。

<次のページに続く>
次ページ
小気味よい走りが身上のターボモデル

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘