【動画企画開始!】新型 スズキジムニーからスタートした動画メディア"CARPRIME" Powered by CarMe!チャンネル登録宜しくお願いします!

【動画企画開始!】新型 スズキ ジムニーからスタートした動画メディア"CARPRIME" Powered by CarMe!河西啓介氏をナビゲーターに迎え、新しい車や為になるお役立ち情報など、あらゆる視点からクルマを紹介していきます!

Chapter
CARPRIMEとは?
大人気で1年以上納車待ち!!スズキ 新型ジムニー (JB64) MTを河西啓介が徹底解説〜試乗してわかった!いいとこ・悪いとこ〜【解説編】
伝統のラダーフレームは変えない!スズキ 新型ジムニー (JB64) MTの試乗ロードインプレッション!by河西啓介 果たしてジムニーの乗り心地はいかに?【試乗編】
ジャガーが作った、初SUV!ジャガー F-PACE スポーツカーブランドが作る SUVの走りとは?
待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!
2L、直4ターボで306馬力!BMW M135i xDrive FR→FFへ!メリット・デメリットは?【試乗・解説】
三菱eKクロス スペース/eKスペースとスバルレヴォーグSTIを担当者自ら解説!また、特務機関NERVの災害対策車両も登場!【東京オートサロン2020】
400Rがベース?日産スカイライン400R スプリントコンセプトとは?また、トヨタの伊藤大輔さんも2020年の意気込みを語る!
【東京オートサロン2020】 ブースレポート!スズキはマリンスタイル推し?マツダはタフ?スポーツ?
【マクラーレン日本支社代表が登場!】マクラーレンの今後の展望は?ロータスは日本市場が大事?東京オートサロン2020のブースにてインタビューを刊行!

CARPRIMEとは?

CARPRIME イメージ

CARPRIME イメージ画像

CARPRIMEチャンネルでは、毎回違った車両を取り上げ、スタイリッシュにカッコよくクルマを紹介し、日常にあるクルマ生活を豊かにしよう!ということをモットーに配信しています。今後は様々な企画にもトライしていきますので、ぜひ、チャンネル登録のほどよろしくお願いいたします!以下、今までの動画です。是非、ご覧ください!

大人気で1年以上納車待ち!!スズキ 新型ジムニー (JB64) MTを河西啓介が徹底解説〜試乗してわかった!いいとこ・悪いとこ〜【解説編】

2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたスズキ ジムニー。未だに納車まで1年以上の時間を有する大人気車種ですが、一体どれほど進化したのでしょうか?JB64型と進化したジムニーの走破性、乗り心地、スタイリングなどにモータージャーナリストの河西啓介が迫ります。

伝統のラダーフレームは変えない!スズキ 新型ジムニー (JB64) MTの試乗ロードインプレッション!by河西啓介 果たしてジムニーの乗り心地はいかに?【試乗編】

2018年7月に20年ぶりにフルモデルチェンジを果たした、スズキ ジムニー。新型となってJB64という型式のこの新しいジムニーはどんなところに良さがあるのでしょうか?CARPRIMEのMCを務める河西啓介が試乗しました。

ジャガーが作った、初SUV!ジャガー F-PACE スポーツカーブランドが作る SUVの走りとは?

2016年に日本デビューを果たした、ジャガー F-PACE。デビューから4年経った現在では、SUV市場は激戦を極めます。スポーツカー作りを得意とするジャガー、初のSUVは今でも競争力はあるのでしょうか。河西啓介がチェックします。

待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

2019年、7代目へと進化したG20型BMW 3シリーズ。日本ではガソリンエンジン車を先行で導入した後、ディーゼルエンジン車を導入しました。また、渋滞時ではとても便利なハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムや自動パーキングアシストなど先進の運転支援システムを搭載。一体、どんなクルマに仕上がっているのか?河西啓介がチェックします。

2L、直4ターボで306馬力!BMW M135i xDrive FR→FFへ!メリット・デメリットは?【試乗・解説】

2019年に登場した、3代目となる、BMW 1シリーズ。BMWのエントリーモデルとしてラインナップされている1シリーズですが、最大のトピックスといえば、後輪駆動を貫いてきた1シリーズもついに前輪駆動へと駆動方式を変更したことでしょう。そのため、前輪駆動方式の採用により、後部足元のスペースが約40mm広くなり、ラゲッジ・ルームの容量は20L 増加し、380Lとなり、後席を倒すと最大1,200L まで拡大。Qi 対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備。また、「OK, BMW」と呼べばクルマ側が反応してくれる最新のインフォテイメントシステムを搭載するなど、今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバルまで。などあらゆる視点からBMW 1シリーズをひも解いていきます。登場車種はその中でもトップグレードのM135i xDriveです。

三菱eKクロス スペース/eKスペースとスバルレヴォーグSTIを担当者自ら解説!また、特務機関NERVの災害対策車両も登場!【東京オートサロン2020】

第38回目を迎えた、東京オートサロン2020。33万人を超える来場者を記録するなど年々盛り上がりを見せるイベントです。三菱ブースからは、eKクロススペース/eKスペースのデザイン担当者である大石さんをお招きし、デザイン解説をして頂きました。また、特務機関NERV災害対策車両(アウトランダーPHEV)も登場、その災害時に助けてくれる仕組みとは?スバルからは、2020年の登場が予想される新型スバル レヴォーグをベースとしたSTIモデルをご紹介します。 *スバルブース様では音量の関係でBGMベースとなってしまいました。大変申し訳ございません。イメージ映像とBGMでお楽しみください。

400Rがベース?日産スカイライン400R スプリントコンセプトとは?また、トヨタの伊藤大輔さんも2020年の意気込みを語る!

第38回目を迎えた、東京オートサロン2020。33万人を超える来場者を記録するなど年々盛り上がりを見せるイベントです。日産ブースからは、ブースの担当者である谷本さんをお招きし、レーシーなエリアとラグジュアリーなエリアについてご説明していただきました。東京オートサロン2020で登場したスカイライン 400R SPRINT CONCEPTも登場しますよ。さらになんと、会場内を探索していたらレーシングドライバーの伊藤大輔さんと遭遇!2020年の豊富を語っていただきました。 また、トヨタの山田貴子さんが作ったスマホホルダー?など面白い商品も登場します!

【東京オートサロン2020】 ブースレポート!スズキはマリンスタイル推し?マツダはタフ?スポーツ?

第38回目を迎えた、東京オートサロン2020。33万人を超える来場者を記録するなど年々盛り上がりを見せるイベントです。 スズキブースからは2人のデザイナーにお越し頂き、マリンスタイルやスズキの伝説的なバイク刀をイメージしたスイフトスポーツなど語って頂きました。 また、マツダブースからは、広報の丸山さんに、CX-30、CX-5、マツダ3をベースにしたカスタムスタイルに関してご説明頂きました。

【マクラーレン日本支社代表が登場!】マクラーレンの今後の展望は?ロータスは日本市場が大事?東京オートサロン2020のブースにてインタビューを刊行!

第38回目を迎えた、東京オートサロン2020。33万人を超える来場者を記録するなど年々盛り上がりを見せるイベントです。 そこに、初出展となるマクラーレン・オートモーティブからはマクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本代表の正本嘉宏氏、ロータスからは、アジアパシフィック地域のエグゼクティブディレクターを務める、デイビッド・マッキンガイアー氏のインタビューを収録。オートサロンの印象は?ブランドの現在と未来は?様々に語って頂きました。