【東京オートサロン2020】モチュールブースでは最新のオイルや新旧アルピーヌの展示など盛りだくさん!モチュールレディが笑顔で中ホール6で待っている!

TAS2020 モチュール

1971年、世界で初めてエンジンオイルに金属の表面に付着し摩擦係数を減らすことができるエステルをエンジンオイルに配合したMOTUL。東京オートサロン2020ではそのラインアップがズラリ並べて展示している。

文・写真/栗原 祥光

300Vシリーズに代表されるエンジンオイルはもちろんのこと、ギアオイルや添加剤といった、普段量販店ではなかなか見かけることのない商品も展示されており、愛車で試してみようと思うこと間違いなしだ。

さらにブースでは、MOTULがフランスのブランドであることからか、新旧のアルピーヌを展示して華やかなムード。

さらにMOTUL LADYが花を添えている。

ブースでは、MOTULグッズの販売のほか、メモ帳やパスケース等が入ったトートバックを1000円で販売。同梱しているUSBメモリが300Vの容器の形をしている点もユニークだ。
クルマにかかせないオイルを供給するMOTULブース。ぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

今回は、新旧のアルピーヌを用意し乗り比べ企画です!初代のアルピーヌを持っている人なんて、すぐに見つかるの?と思いきや、CARPRIMEナビゲーターの河西と土屋さんの共通のお知り合いの方から初代 アルピーヌ A110をお借りすることができました!動画撮影中、終始、土屋さんはガソリンの匂い(初代アルピーヌA110はキャブ車なので・・)に笑顔がほころびます! また、新しいアルピーヌ A110Sにも乗って頂き、素性の良さ、楽しさを評価して頂きました。 そして、告知ですが土屋さんにはCARPRIMEアンバサダーとなって頂きました!今後、土屋さんの企画を月一ベースで展開予定です!お楽しみに!

栗原 祥光|くりはら よしみつ

中央大学理工学部卒。通信機器メーカーにて回路設計をした後、長年の趣味であったオーディオへの夢を追い求めて専門雑誌の編集者へと転職。その後、一般誌の編集を経て現在フリーランスのカメラマン&ライターとして主にWeb媒体で活動する。モータースポーツのレポートや新車試乗記のほか、グルメやエンタメ系など幅広い分野で執筆中。

栗原 祥光