【TAS2020】東京オートサロンに出展しているタイヤメーカーを一挙紹介!

グッドイヤー新タイヤ画像

日本が誇る世界最大のカスタムカーイベント、東京オートサロン2020が千葉県の幕張メッセで1月10日から12日までの3日間にわたって開催されます。チューニングメーカーやカスタムパーツメーカーの他にも、自動車メーカーも数多く出展するなど回を重ねるごとに賑わいが増してきています。今回は、その中でもタイヤメーカーに着目し、今後の動向や注目製品などをご紹介します。

文/写真・PBKK

Chapter
世界最大のタイヤメーカー ブリヂストン
POTENZA RE71RSは2020年2月に発売予定
創立100年の横浜ゴム
雨に強いヨコハマをアピール
F1最多勝を誇るグッドイヤー
エコとタフなタイヤなどの新製品を販売
タイヤの未来を考えるダンロップ
タイヤの力で叶える未来
豊かな社会づくりを目指すTOYO TIRES (トーヨータイヤ)
トーヨータイヤが2020年に力を入れる2種類のタイヤ
ヨーロッパで活躍するFALKEN (ファルケン)
注目の新商品は「4×4シリーズ」から発表される2種類

世界最大のタイヤメーカー ブリヂストン

ブリヂストンは、2005年にそれまで世界シェアNo.1だったミシュランを抜き、世界最大のタイヤメーカーになりました。「最高の品質で社会に貢献」の理念のもと、ブリヂストン現在世界で最も愛用されているメーカーです。メーカー担当者に、東京オートサロン開催期間中に注目してほしい点を伺いました。

「ブリヂストンは、今回の東京オートサロンで、新しく本格的なリアルスポーツタイヤのポテンザRE71RSを発表しました。このあたらしいRE71RSはサーキットからタウンユースまでオールラウンドに使用できるタイヤになっており、幅広い層にむけて販売を予定しています。新型のRE71RSは、ハイグリップなどで好評だった先代のRE71Rよりラップタイムが短縮され、性能が一層向上されており、ご満足いただける製品になっています。」と自信をのぞかせていました。

POTENZA RE71RSは2020年2月に発売予定

RE71RSはモータースポーツ用タイヤ開発で培った技術を駆使し、路面との接地の向上にハイグリップポリマーを配合したトレッドタイヤややブリジストンの独自技術「ULTIMATE EYE」の採用により、車両旋回中でも最大の接地面積を確保できるようにパターンや形状を最適化されています。

POTENZA RE71RS
・商品名:POTENZA RE71RS(ポテンザ アール イー・ナナイチ アール エス)
・サイズ:63種類(13~19インチ)
・発売日:2020年2月1日(土)より順次発売

ポテンザは、ストリートラジアルタイヤ史上最速を追求したのRE71RSを2020年2月より順次販売を予定しています。

<次のページに続く>
次ページ
創立100年の横浜ゴム