ダイハツ ミライースの内装や収納力は?便利で豊富になった収納機能を紹介!

新型ミライース 収納フリー画像

※この記事には広告が含まれます

新型になったミライースは、車内の至るところに様々な収納機能が備わっています。コンパクトタイプのミライースですが、フルモデルチェンジしたことでさらに便利で豊富になった収納機能をご紹介します。

文・PBKK
Chapter
ダイハツ ミライースの運転席側の収納
ダイハツ ミライースの助手席側は収納が豊富
後席や共有部分の収納が便利

ダイハツ ミライースの運転席側の収納

折り畳み傘や各種チケットなど、必要なときに直ぐに取り出せる収納が運転席にあり、ドライバーにとって無くてはならない機能になっています。

掘込み式インパネドリンクホルダー
運転席側でまず目を引くのが、掘込み式インパネドリンクホルダーです。500ml サイズのペットボトルやタンブラーなどを置くことができます。深さが確保されているため安定しています。

ドアポケット(運転席側)
ドアポケットは上部と下部に設けられており、サイズ別に収納する事ができるようになっています。旧型では少し小型なポケットでしたが、新型ではポケット口が大きくなり収納したものを取り出しやすくなっています。

上部のポケットは各種チケットやガムやリップクリーム、サイズ次第ではスマートフォンも収納できます。下部のポケットは、書類やケースに入ったサングラス、雑誌などを収納することができます。小型で薄型の折り畳み傘なども収納でき、悪天候時に役立ちます。

ダイハツ ミライースの助手席側は収納が豊富

豊富な収納機能が買い物やドライブを更に楽しくしてくれます。

インパネロングアッパートレイ
旧型には無かった収納の一つが新型に加わりました。インパネロングアッパートレイは、助手席側からカーナビの真下まで伸びており、小物やメガネ類やスマートフォンなどを置くことができるようになっています。

ドアポケット(助手席側)
助手席側のドアにも上部と下部にポケットが設けられており、各種チケットやガムやリップクリーム、スマートフォンなども収納できます。下部のポケットは、書類やケースに入ったサングラス、雑誌やメモ帳などを収納することができます。

グローブボックス
車検証やボックスティッシュなどが収納できる余裕があります。

掘込み式インパネドリンクホルダー
助手席側にも掘込み式インパネドリンクホルダーが備わっています。500ml サイズのペットボトルやタンブラーなどを置くことができます。

ショッピングフック
グローブボックスのインパネ側に小さなフックが1つあり、買い物袋などの紐をフックにひっかけることができます。

後席や共有部分の収納が便利

コンパクトなミライースにも後席や共有部分の収納で利便性が向上しています。

ドアポケット&ボトルホルダー(左右リアドア)
500ml サイズのペットボトルやタンブラーなどの他にメモ帳などを置くことができます。また、掘込みタイプのため深さが確保されているため安定しています。

センターフロアトレイ(前席センター)
運転席と助手席の間に設けられたセンターフロアトレイは、ボックス型のティッシュペーパーが収納できるサイズになっています。トレイに深さがあるため、ボックスティッシュの下にスマートフォンなどを置くことができる構造になっています。

変更点
新型になったことで共有部分の収納の変化しました。旧型に設けられていたエアコンパネル下部にあった収納スペースがセンターフロアトレイに変わりました。また、運転席と助手席の間のドリンクホルダーや小物入れがなくなりました。
コンパクトサイズながら、限られたスペースに余すところ無く配置された収納機能が、新型になったミライースの利便性を一段と向上させてくれています。

商品詳細