ホンダ N-BOX(エヌボックス)のインパネは機能が充実

運転席の写真

ホンダは、N-BOXを2019年10月4日にマイナーチェンジし発売を開始しました。前回に比べて新たな仕様車を設定したほか、インパネのデザインも大きく更新されました。インパネの前回から改良された点はもちろん、引き継がれた機能も併せて紹介します。

文・PBKK

Chapter
カフェにいるような心地よい色合い
大幅に向上したメーターの視認性と機能性
インパネで操作できる便利な機能

カフェにいるような心地よい色合い

新型のN-BOXは「お気に入りのカフェ」で過ごすような空間をテーマに、ベージュ・ブラウン・ホワイトの三色を基調にした色合いとなっています。

インパネは運転席と助手席に座る人が心地よく感じる色合い。ハンドル・メーターまわり・シフトレバー・運転席のダッシュボードにはブラウン、エンジンスイッチが配されたインパネ下部にはベージュ、助手席側のインパネ中部にはホワイトがあしらわれています。

モデルチェンジ前のインパネは、インパネ上部をブラウン、ハンドルを含めた下部にベージュが施されていました。今回は、ホワイトを追加し配色を不統一にすることで、よりモダンで高級感が漂う雰囲気となっています。

大幅に向上したメーターの視認性と機能性

モデルチェンジ前から大幅に変更が加えられ、さらに新たな機能も追加されました。

モデルチェンジ前はインパネ上部に設置し、スピードメーター・ガソリンメーター・タコメーターがそれぞれ仕切られていました。それにより運転席以外からでは見づらく、運転手も体勢を変えると仕切りがメーターにかぶるなどの問題がありました。

しかし新型では、ステアリング奥に設置することで表示域の拡大、目線の移動の最小限化により運転の安全性が向上。さらに仕切りを排除し、どの角度からでもメーターが見やすくなりました。

メーターに表示できる機能は以下のとおりです。
・燃費表示
・時計表示
・カレンダー表示
・タイヤ角度モニター表示
・標識認識機能表示
・先行車発進お知らせ機能表示
・半ドア警告表示
・外気温低下注意表示

<次のページに続く>
次ページ
インパネで操作できる便利な機能