その外装と部品は法的にOK?改造車の限度はどこまで?

愛車を自分好みの形や性能に変更している、いわゆる改造をされている方は意外と多いのではないでしょうか?しかし、クルマの改造次第では車検が通らなかったり、元に戻さなければならなかったりと、何かと面倒です。そこで、改造を施したクルマが法的に許される限度はどこまでなのか調べてみました。

文・PBKK

Chapter
クルマの改造は主に2種類
何をすると違法?車検が通らない?

クルマの改造は主に2種類

改造1

具体的に改造車とはどういったものになるのでしょう。定義としては、市販されている状態のクルマの車体や原動機・動力伝達装置などに手を加えられたものを改造車としています。

また、改造といっても色々な種類があり主に2種類に分けられます。それは、走行性能を変えるものと、走行自体に影響がないものと言われています。走行性能を変える改造として、マフラーやサスペンションの変更、エンジン内部の加工などを指します。市販車よりさらに走行性能をあげたい場合に改造します。

走行自体に影響がない改造は、エアロパーツの取り付け、ホイールのインチアップやスモークフィルムの貼り付けなどになります。

次ページ
何をすると違法?車検が通らない?