今さら聞けない、サンダルで運転していいんだっけ…?

夏場によく履くサンダル。おしゃれなタイプも多く快適性も高いため、夏に限らず普段からサンダルを履いているという方も多いではないでしょうか。しかし、サンダルを履きながら運転する場合は、法律に違反する可能性が高くなるので注意が必要です。今回はサンダルで運転は有りなのか、無しなのか解説します。

文・PBKK

Chapter
サンダルを履いての運転は基本NG
運転に一部OKなサンダルもある

サンダルを履いての運転は基本NG

サンダル

道路交通法70条では、「ドライバーは車を確実に操作し、状況によって他人に危害を及ぼさないような適切な速度と方法で運転しなければならない。」と記載されています。この文章の内容だけ見ると、サンダルが禁止とはっきりとは書いていません。

しかし、サンダルで道路交通法に適した安全な運転を行うのは、難しいといえます。サンダルは、かかとを固定せずにつま先だけで履くタイプが多いです。かかとを固定しないと、ちょっとした衝撃などで簡単に外れてしまう可能性があります。

また、アクセルペダルやブレーキペダルを踏むときにサンダルが外れ上手く踏めなかったり、サンダルがペダルに引っかかったりして事故の原因になる危険性もあるのです。さらに各都道府県の道路交通に関する条例では、明確にサンダルを着用しての運転を禁止しているケースも多いです。

このことからも、サンダルでの運転がどれだけ危険なのかが分かります。ちなみに「サンダルを履いての運転が駄目ならば、素足になって運転するのは大丈夫なのか?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、答えは×です。

素足での運転は力を入れてペダルを踏むのが難しくなったりと、結局事故につながる可能性が高くなります。

次ページ
実は運転OKなサンダルもあった!