ドライバー要注意!ノンアルコールビールも飲酒運転?

アルコールを飲んで運転するのは、当然ご法度です。それでも飲み会のときなど、気分だけでもと運転する予定がある場合にノンアルコールビールを飲むことがあると思います。

しかし、可能性は低いとはいえ、ノンアルコールビールを飲んで、呼気にアルコールが検出されることもありうるのです。ノンアルコールビールの真実と、自分の体のことをよく知ることが、この重大なミスの防止につながります。

文・PBKK

Chapter
ノンアルコールビールには本当にアルコールが入っていないのか?
運転予定でノンアルコールビールを飲むなら、大手メーカーの0.00表示のものを!

ノンアルコールビールには本当にアルコールが入っていないのか?

ノンアルコール1

ノンアルコールビールと謳うからには、その商品にはアルコールの成分が全く入っていないような印象を受けるでしょう。ですが、商品によってはごく微量のアルコールが入っていることがあるのです。

大手と呼ばれるメーカーの、0.00%と記載されている商品には、アルコールはその名のとおりほぼゼロと言って構いません。ただし、酒税法においてお酒と分類されるのはアルコール度数が1%以上のものです。そのため事実上、1%未満ならノンアルコール飲料と名付けることが出来るのです。

そして、酒気帯び運転の基準は呼気検査においてアルコール濃度0.15%以上です。血中アルコールはアルコールを摂取すればするほど高くなります。ということは、これを大量に飲んで血中アルコール濃度が危険な範囲まで上がるということは可能性がないわけではありません。

次ページ
飲むなら、大手メーカーの0.00表示のものを!