眠くなった場合の対処方法

運転中の眠気、誰しも経験があることと思います。そして経験した誰もが、ヒヤッとした記憶もお持ちなのではないでしょうか。特に長距離ドライブのとき、家族や友人をのせているとき眠くなってしまうと大変危険です。今回は眠気対策に有効な手段をリストアップしていくので、そのときに出来そうなことから実行して安全運転に努めてください。

文・PBKK

Chapter
1:飲み物を飲む
2:ガムを噛む。何か食べる。
3:窓を開けて空気を取り込む。
4:車を止めて車外に出て体を動かす。
5:思い切って仮眠をとる。

1:飲み物を飲む

眠気1

一番簡単で、一番よく使われる手段です。ブラックコーヒーなどが一番多いのではないでしょうか。普段ブラックを飲まない方も、運転中は眠気対策に飲むということもあるでしょう。コーヒーだけでなく、覚醒作用のあるカフェインが多く含まれた飲み物はいずれも有効です。

注意してほしいのは、カフェインの覚醒作用は摂取してからおよそ30分後に始まるということです。つまり、眠くなってから飲むのは遅いということ。予防的に飲んでいくのが効果を最大に引き出してくれるでしょう。

2:ガムを噛む。何か食べる。

眠気2

目覚まし用のガムというものもありますが、有効なのは噛んだり飲み込んだりといった、運転以外の刺激です。ガムだけでなく、おやつなどを食べるのもとても眠気対策になります。ものを食べるという行為はとても良い刺激になります。ですがもちろん、安全に気を付けて食べて、満腹にならないように気を付けましょう。

3:窓を開けて空気を取り込む。

眠気3

エアコンを効かせて車内を密閉していると、どうしても空気がよどんで感じるものです。そんなときに眠気はやってくるのです。これを防ぐには換気が必要です。長距離ドライブの時はとくに必要性が高くなります。定期的に車内の空気を入れ替えることを心がけましょう。

次ページ
やっぱりこれが一番!