サングラスをかけて夜のドライブ、なぜダメなの?

「対向車のヘッドライトがまぶしい…」などの理由で、サングラスを着用してクルマを運転する方もいるのはないでしょうか。サングラスを着用しての運転は、場合によっては事故を発生させる原因となり危険性も。今回はサングラスをかけて運転を行う際の注意点について解説します。

文・PBKK

Chapter
運転不適合のサングラスをかけるのは危険
運転用にサングラスをきちんと選べば大丈夫

運転不適合のサングラスをかけるのは危険

運転 サングラス

サングラスには、「視感透過率」が設定されています。視感透過率は、人間が感じる光(可視光線)をどれだけサングラスに通過させるかをパーセンテージで表現します。この視感透過率が低いサングラスで運転を行うと、運転不適合扱いとなる可能性があるのです。

具体的には「JIS(日本の工業製品に関する基準)」で運転適合のサングラスの基準が示されており、昼間運転時または路上では「視感透過率8%以下のレンズ使用は禁止」、夜間運転時または路上では、「視感透過率75%未満のレンズ使用は禁止」となっています。

例えば視感透過率60%のサングラスの場合、本記事タイトルにある通り着用して夜間ドライブするのは、JISの基準に満たないため危険となります。また、運転に限らず歩行など運転以外の用途でも、基準をクリアしていないサングラスの使用は禁止されています。

上記をクリアしていないサングラスを着用して運転等を行っても、法的な処罰はありません。しかし、基準をクリアしていないサングラスを着用して運転するのは極めて危険といえ、避けるべき行動です。

次ページ
運転用サングラスの選び方